スポンサーリンク

韓国ドラマ-秋のカノン(美しいあなた)-あらすじ-55話~57話 最終回まで一気読み

韓国ドラマ-秋のカノン(美しいあなた)-あらすじ-ネタバレ-最終回
韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!
韓国ドラマ-秋のカノン(美しいあなた)-あらすじ-55話~57話 最終回まで一気読み
最終回までネタバレありで秋のカノン(美しいあなた)をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【秋のカノン(美しいあなた)-あらすじ-55話~57話】

秋のカノン(美しいあなた) 55話

“私は何です、お父さん?” 友達に相談しながらヨンソンはふと、父の事を思い出していた。
思い出すと自然と涙が出てくるのだった。

“私を慈しんでくれることはお姉さんしかいないね”
“私たちが守ってあげます”とヒョンスクはジンヒョンに言う。なんとなく母性本能がくすぐられるヒョンスクだった。

秋のカノン(美しいあなた) 56話

“幼い頃本当に可愛かったな~”
ヨンソンはソギョンの幼い頃のアルバムを見てボソッとそんな事を口に出した。
すると勝手に涙が出てくるのだった。

“もう一度、これではよくないと文句を言いに来たゲマングシン。”目を覚ましてもらいたくてソギョンの頬を殴った。するとソギョンは頭にきてやりかえそうとするが、ヨンソンが止めに入る。

はやく行きなさいとヨンソンはソギョンに言って、その場から立ち去らせた。

秋のカノン(美しいあなた) 57話

“とても関心ないことではないです?” ユンジョンは、
ソギョンに対してまだ未練を残しているソンジュンに対して腹立たしく思っていた。
“転送まで受けて何をする?ヨンソンとユンジェはソギョンと親しい関係になろうとしていた。
しかしその態度がソギョンはなんとなく嫌だった。

“それもできなくて来るというなの?”
ソギョンに家具をおくろうとしていた。

秋のカノン あらすじ 58話~60話

秋のカノン あらすじ 全話一覧