スポンサーリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨‐あらすじ‐97話から99話‐一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-97話~99話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで私の心は花の雨をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 概要】

戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして許しと和解の物語。
別名は「私の心の花の雨」、「TV小説 私の心は花の雨」等。

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 97話~99話】

97話

2人はヨニを徹底的に調べ始めました。

その結果、ジュリアをヨニが装っていたのでした。

このことを知った上で、新しい計画を立てました。

ジュリアを味方につけようとしていた2人…。

必死に働いていたコンニムには嬉しいことに仕事が舞い込んできましたが、疲れが溜まっていました。

ドクスは、頑張るコンニムを見て手伝うことにしました。

工場長をしていたドクスですので、仕事はとてもできました。

ヘジュとソノが、ミソン製菓の売り上げ低下で悩んでいました。

最近になってどんどん業績が下がっていたことが気になり、調べ始めました。

その途中、ガンウクと出くわし、皆が驚き、とっさのことで誰も話を切り出すことができずにいました。

とても疲れていたコンニムでしたが、作業の手を止めることはありませんでした…。

98話

ヨンファ堂は順調に進んでいたのですが、人材が足りませんでした。

大変そうなコンニムを見かねて、ドクスはいつまでも一緒に働くことを決断しました。

もっと仕事に取り組めるように、ヨンファ堂に住むようになったドクス。

2人の仕事の相性は最高に良かったのです。

ゲオクはソウルにいると聞いたヨニは衝撃を受けました。

退職が決まっていたゲオクでしたが、退職日が伸びてしまいました。

何故かというと、ドクスの退職に従業員が反発するようになったからでした。

代わりにもう少し社長職をすることになったゲオク。

既に、自分たちのことしか頭になかったスチャンとイルラン。

2人は資金調達の為、ジュリアにお願いしました…。

99話

ソウルにゲオクがいると聞いたヨニはすぐさまゲオクの元へ向かいました。

これを知ったイルランとスチャンはヨニの動きに注意していました。

ヨニの考えていることが全く分からない2人…。

売上低下について調べていたソノは、途中でコンニムに会いました。

コンニムはテワン建設に用がありそこにいました。

数年ぶりにあった2人は変な緊張感を味わっていました。

その場を離れようとコンニムが動いたとき、ヘジュが来たのでした。

これを見たヘジュは、とても怒り怒鳴り散らしました。

何とかギテクを説得することが出来たギスンとドクスは大喜びしました。

ヨニに近づき、利益を得ようとするイルラン。

融資契約をヨニと交わし、担保にしたのはパン工場で、なんとミソン製菓でした…。

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 94話~96話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 100話~102話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 全話一覧