スポンサーリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨‐あらすじ‐40話から42話‐一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-40話~42話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで私の心は花の雨をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 概要】

戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして許しと和解の物語。
別名は「私の心の花の雨」、「TV小説 私の心は花の雨」等。

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 40話~42話】

40話

ある計画を立て、イルランはミンギュの部屋に忍び込み、ライターを手に取り部屋を出ました。

次に、ヨニの部屋へ入り、そのライターをある場所にしまったのでした。

イルランの計画とは、ヨニを泥棒に仕立て上げる作戦だったのです。

大した作戦ではなかったのですが、イルランは大層なことをしたと鼻高々でした。

そのライターにいち早く気づいたのはなんとヨンイムだったのです。

ミンギュを攻め立てたヨンイムでしたが、ミンギュは淡々と嘘を並べ話し始めました。

ライターが無くなった為、ヨニに探すように言ったのだと…。

無理がある嘘ではありましたが、ヨンイムは何とか信じてくれるのでした。

ですが、完全に2人の疑いが消えることはありませんでした。

ガンウクのコンニムに対する想いを知ったソノは嫉妬するのでした…。

41話

ガンウクの想いを、痛いほどよく分かっていながらも、自分を、抑えることをできなかったソノはコンニムを力強く、抱きしめたのです。

じっと、抱きしめられたままのコンニムも、ソノの気持ちを、とても良く分かっていました。

これを、ヘジュに見られてしまった為、コンニムはヘジュに、力いっぱい叩かれてしまいました…。

ヘジュの、凄まじい勢いに飲まれ、茫然と見ているだけしかできなかったコンニム。

コンニムと同じように、ヨニも大変ことになっていたのです。

家政婦の仕事中に怪我をしてしまったヨニ。

とっさにミンギュがヨニの手を取り…その時!ヨンイムがたまたまその場に居合わせてしまい、凍り付いたヨニ…。

42話

とうとうクビになってしまったヨニ。

イルランの計画通りに進み、笑みを浮かべたイルランでしたが、安心はできませんでした。

なぜなら、ゲオクとも近づけないようにしなければならなかったからです。

更に計画を練り、ヨニを離れた所へ追いやろうとしていました。

これ以上ソノとコンニムの仲を深めないように、ミンギュに力を貸してもらおうと尋ねたヘジュ。

ですが、ヘジュの想いも虚しく、ソノとコンニムは、両想いとなり、2人きりで会う約束まで取り付けていたのでした。

この2人を奇跡的に離れさせられるとするのならば、ガンウクしかいませんでした。

ソノが戻ると、ミンギュが待ち構えていて、開口一番コンニムはダメだということでした。

これにはソノも、反発するのでした…。

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 37話~39話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 43話~45話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 全話一覧