スポンサーリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨‐あらすじ‐4話から6話‐一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-4話~6話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで私の心は花の雨をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 概要】

戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして許しと和解の物語。
別名は「私の心の花の雨」、「TV小説 私の心は花の雨」等。

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 4話~6話】

4話

ギテクの元へコンニムがきて、早くも20年が経ちました。

ついこの前まで小さかった子供も、20歳になっていました。

その子は、今現在も親のことが一切分からないままでした。

働き者で夢があった女の子は、育ての両親の店で毎日手伝いに追われていました。

女の子の夢は、お金が掛かることで、育ての両親に頼ることはできませんでした。

なぜなら、育ての両親の家は、どちらかというとお金に困っている家だったからです。

そんな時、ヨニはコンニムが居なくなった悲しみを毎日嘆いていました。

あっという間にミソン製菓の常務となったイルラン。

ヨニの幸せを奪ったのはイルランでしたが、全く気にしている様子がありませんでした。

イルランに育てられたヘジュも20歳になりました。

ヘジュは医者になる夢の為、必死に努力していました。

そんな時、ヘジュの元へソノが来て、一緒にデモに参加しようと誘いを受けたヘジュでした…

5話

叶えたい大きな夢の為に頑張って働いているコンニムは、家の手伝いに加え、牛乳配達の仕事も並行して忙しい毎日を送っていました。

牛乳配達の仕事で回っている家々の中の1件には、ソノが住んでいました。

更にそこには、ソノ宅の家政婦としてヨニが働いていた為、コンニムとヨニは懐かしい顔ぶれに挨拶を交わしました。

しかしまだ、2人は親子だという事実を知らずにいました…。

その頃、ソノのことが気になって仕方がなかったヘジュは、ソノのことを調べ出しました。

新しい発見があるたびに、ソノの人柄に魅かれていったヘジュだったのです。

ソノに会いたくて、話したくてたまらなかったヘジュは、何度も会いに行き、たくさん話をするようになっていきました。

コンニムに魅かれていたのはガンウクでしたが、中々難しいことでした。

それは、コンニムに真実を伝えてはいなかったからです。

学生だとコンニムに伝えていたガンウクでしたが、本当は学生ではなかったのです。

更には、コンニムが探していた問題集を一緒になって探してあげたかったガンウクでしたが、実は字を読むことができないでいたガンウク。

イルランから離れていったスチャンは、街中でイルランを偶然見つけて、昔の出来事を、ふと思い返していました…。

6話

ヘジュの気持ちは大きくなっていくばかりでした。

誰が見ても分かるようなヘジュの態度にも、ソノは気づく様子もなく、一向に進展しない2人。

スチャンはイルランのことを全く覚えていませんでした。

20年前にイルランから離れていったことすらも覚えていなかったのです。

コンニムに何とかついていこうと、ガンウクは字が読めるようになる為に、一生懸命学びました。

教えていたのはソノでした。

ソノは、ガンウクの義理の弟ですが、教え方がとても上手でしたが、成果が一向に現れませんでした。

ソノは、頑張る理由が気になりましたが、ガンウクは答えようとしませんでした。

ミンギュは2人が仲良くすることに腹を立て、ソノに怒鳴り散らしました。

その頃のコンニムは、いつもと何ら変わらない忙しい生活をしていました。

難易度の高い試験の為に、ギテク達に手伝ってもらいながら、頑張っていました。

義理の母親のチュンシムの監視下の中、試験を受けることができたコンニムは見事大学に合格したのです!!

空の財布を拾ったコンシム。

なんと持ち主はヘジュだったのです…。

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 1話~3話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 7話~9話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 全話一覧