スポンサーリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨‐あらすじ‐109話から111話‐一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-109話~111話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで私の心は花の雨をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 概要】

戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして許しと和解の物語。
別名は「私の心の花の雨」、「TV小説 私の心は花の雨」等。

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 109話~111話】

109話

スチャンは真実を知って、スンジェとヨニを、一切近づけないようにと、陰で躍起になって動いていました。

もしも偶然にでも、会ってしまっては、スチャンはピンチに陥るのは、間違いないからでした。

ですがコンニムとは、徐々に近づいていたスンジェ。

ヨンファ堂の出店を認めたり、秘書の勤めをガンウクにさせたりとしていたのは、スンジェでした。

食事に行った、スンジェとコンニムは、似ている部分がありました。

なんと、アレルギーが一緒だったのです。

他人とは思えないと、感じていたスンジェ。

スンジェは、コンニムに興味を抱くようになっていました。

ヨニは、店を出て行こうとしていましたがこれを、阻止していたチュンシム。

ですがそれを、振り切ろうとするヨニ。

ヨニは、ここに居てはチュンシム達に、迷惑が掛かると思い、出て行こうとしていました…。

110話

ゲオクは記憶喪失のことをスンジェから聞きこれにより確実に自分の子供だと気づきました。

家にスンジェを招いたゲオクは親子だと分かる書類を見せながら私が産んだ子供なのだと言いました。

ですが驚きのあまり言葉に詰まってしまったスンジェですが何とか必死に思い出そうとしていました。

何にせよ自分の子どもと再会できたゲオク。

これを見ていたスチャンとイルランは衝撃を受けました。

何とかしなければミソン製菓がスンジェのものになると思っていたからでした。

今まで協力をしてきた2人でしたが、スチャンを見捨てたイルランはスンジェに取り入ろうとしていました。

ですがこれに激怒したスチャンは今までの悪事をばらすと脅迫しました。

ですがイルランを庇いスチャンをなだめるヘジュ…。

111話

コンニムの本当の親がスンジェだったのですが実の娘のように接していたヘジュ。

これにはいい顔をしなかったスチャン。

ですがヘジュは今私に必要なのはスンジェだとはっきりとスチャンに言いました。

これにはとてもショックを受けたスチャン。

ですがヘジュの望みはスンジェに家に戻ってもらうことでした。

デパートでスンジェの秘書として仕事をしていたガンウク。

コンニムがスンジェに呼ばれて来ました。

チュンシムからの助言によりすぐさまゲオクの元へ足を運んだヨニ。

そこで初めてイルランと会いましたが何とも言えない嫌な感じを察知していたのでした。

ですが考えていることは全く分かりませんでした。

あるハンカチを手にしていたイルラン。

コンニムの子供の頃の服にあった刺繍と同じものがハンカチにもあったのです。

これでイルランの考えていることは明白ですがヨニは分かっていませんでした。

上階から誰かが降りてくる音がして…そこに現れたのはスンジェでした…。

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 106話~108話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 112話~114話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 全話一覧