スポンサーリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨‐あらすじ‐103話から105話‐一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-103話~105話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで私の心は花の雨をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 概要】

戦争の惨禍の中、他人の生活を奪った女性と、それによって全く別の人生を歩むことになってしまった子どもたちの夢と愛、そして許しと和解の物語。
別名は「私の心の花の雨」、「TV小説 私の心は花の雨」等。

【韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ103話~105話】

103話

何とか、工場を取り戻せそうな、イルランとスチャンですが、最悪な状況なのは変わりありません。

この工場を売りさばいて、お金にしようとしましたが、そう簡単なことではありませんでした。

大変な状況にあったミソン製菓に、首を突っ込み始めたミンギュ。

ミンギュは、ゲオクにイルランとスチャンの問題を取り上げ責任を取らせろと言いました。

ジュリアの格好をして、ヨンファ堂に現れたヨニは、本当はジュリアではないことを伝えました。

心を入れ替え始めていたイルランは、ヘジュを気に掛けるようになっていました。

ヘジュの為にヨニに、謝ろうとしたイルラン。

ですが、コンニムの家に訪れたとき、ついつい悪事を思いついてしまい、コンニムの子供時代の服を盗んでしまいました。

これをヨニに見せて、ソナは死んでなどいないと言いました。

これによりコンニムとヨニは親と娘として会うことができるのか…?!

104話

ソナをの命を奪ったのは、スチャンだと思い込んでいたヨニ。

ですが、そうではないと思っていたガンウク。

ガンウクは、スチャンの他に、ソナを殺めた人がいると、思っていました。

コンニムの元から、勝手に持ってきた子供服をヨニに渡し、ソナは生きていると、とんでもない嘘を伝えたイルラン。

これを見たヨニは、茫然とし身動きを取ることが、できずにいました。

ですが、スチャンへの憎しみは、決して消えることはありませんでした。

スチャン以外にも、犯人がいると思っていたガンウクは、当時のことを、詳しく調べていました。

その時のことを、ミンギュに詳しく聞こうと、足を運んだガンウク。

3年間アメリカに行くならソナに会わせると告げ、ヨニを自分から出来るだけ遠ざけようと考えていたイルラン。

ですが、ソナは亡くなっているため、これはイルランの全くのデタラメでした。

ソナには、会えないことを知ったヨニは、辛さのあまり、気を失ってしまいました。

イルランは、改心などしていなかったのです…。

105話

意識を取り戻したヨニは病院に居ました。

なぜ、病院に居て誰が運んでくれたのか分からい様子のヨニ。

業績はどんどん悪化していたミソン製菓。

何とかミソン製菓が倒産しないようにと、化身デパートに赴き再度契約をしてもらおうと動いていました。

心身ともに少しずつ回復してきていたヨニ。

記憶も戻ってきてイルランの言う通りアメリカへ行くこにしました。

どうせソナに会うことは出来ないのだからと…。

激怒していたコンニムは工場に向かっていました。

コンニムはパンの味が変なことに気づきそうなった経緯を知った上で指摘しました。

いつの間にか賞味期限切れの小麦粉と入れ替わっていたのでした。

何とも言い表せない気持ちで帰り、パンを売ることに専念していました。

コンニムの作ったパンをたまたま通りかかったジェームが食べたのでした。

ジェームの反応を静かに待っていたコンニム…。

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 100話~102話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 106話~108話

★ 韓国ドラマ 私の心は花の雨 あらすじ 全話一覧