スポンサーリンク

韓国ドラマ-我が家のハニーポット-あらすじ-31話~35話-ネタバレ

韓国ドラマ-我が家のハニーポット-あらすじ-31話~35話-ネタバレ
放送予定の我が家のハニーポットのあらすじを最終回までネタバレ!
キャストや相関図も話題で人気の韓ドラ!!
我が家のハニーポットをネタバレであらすじをお届け!

韓国ドラマ 我が家のハニーポット あらすじ ネタバレ

【我が家のハニーポット-概要】

韓国で最高視聴率30%を超えた高視聴率ドラマ!
伝統酒造会社を舞台に頑張る4人のサクセス&ラブストーリー!

同じ事故で一方は父を、もう一方は母を失い困窮する中で出会ったボムとマルは次第に惹かれあう中に。
そこに2人が働く伝統酒造会社のテホが加わり三角関係勃発。
さらに社長の娘で本部長のアランも加わった、王道のトライアングル+1のラブストーリー。
ヒロインが恋とビジネスに向かって人生を切り開く姿を、前向きに、ときにコミカルに描く、サクセス&ラブストーリー。

【我が家のハニーポット-主要キャスト情報】

オ・ボム役 :ソン・ジウン

天性の絶対的な味覚を持ち、伝統酒メーカー<プンギルダン>への就職を夢見るオ家の長女。
ある日父親を事故で失い多額の借金を背負ってしまう。
だが実はボムには出生の秘密がありオ家の実の娘ではないことを知らずに育ったのだった。
その後<プンギルダン>に就職しマルと急接近していくが、そこに本部長のアランの婚約者であるチーム長のテホがあらわれ・・・。

カン・マル役 :イ・ジェジュン

裕福な家庭で育ち、アメリカ留学中に母の誕生日のために帰国した際にボムと出会う。
最初の出会いの印象はお互いに最悪だったが、その後急接近することに。
母を事故で亡くしたことで、一転して貧乏人生に転落するが、それをきっかけに<プンギルダン>に就職することになりボムとの仲も深まることになる。
だが、同じくボムに心を寄せるチーム長のテホに疎まれることに・・・。

アン・テホ役 : キム・ミンス

伝統酒メーカー<プンギルダン>のチーム長で、父は社長グッキの秘書長。
グッキの娘で<プンギルダン>本部長アランは婚約者だが、我儘な性格のアランとうまくいかなくなり、<プンギルダン>に入社したボムの明るく素直な性格に次第に惹かれ始めて・・・。

チェ・アラン役 :ソ・イアン

<プンギルダン>の本部長で、社長のグッキの娘でもある。
チーム長のテホは婚約者だが仕事優先のアランは、自らテホを遠ざけてしまう。
その後テホが新入社員のボムに惹かれ始めていると知るや、マルとテホを遠ざけようと様々な策を弄し始め・・・。

【我が家のハニーポット-あらすじ-1話~5話】

◇ 我が家のハニーポット-31話

ボムとマルが伝統酒店での仕事に慣れてきたころ、テホは身勝手なアランよりも明るいボムの姿に惹かれ始める。
ジョンミはウルリョンに再婚を勧められ見合いすることになるが、相手はベダルだった。
一方アランはキム先生の家に向かうが、キム先生は店の厨房に現われていた。
自分が契約書を渡す前に、ボムがキム先生の心をつかんだことに腹を立てるアラン。
そしてボムとマルは、ヨンホとヒョンスクが事故に遭った工事現場へ向かう。

◇ 我が家のハニーポット-32話

マルの母親をかばってヨンホが亡くなったことを知ったボムとマル。
アランはパランの失踪宣告を喜ぶが、ギルスは不明児童センターから連絡があり、名簿からパランの番号を消してほしいと取り乱す。
ジョンミはベダルに全財産が入った通帳を見せられ預金の少なさに驚愕。
マルは建設事務所の従業員から事故の詳細を聞きボムの家へ。
そのとき、ボムは酒造りが上手くいかず試飲のし過ぎで酔っ払い、テホはボムを車で送る。

スポンサーリンク




◇ 我が家のハニーポット-33話

テホの今までの言動はすねているだけだと思っているアランは、機嫌を取ろうと迎えにいくが、忙しいからと冷たい態度のテホ。
一方、マルはボムと離れるため、留学に行く準備をしていた。マルはボムからだと嘘をつき、ミダルが使い込んだお金をアランに返す。
ソニョンは再就職をしようとするがギルスからくぎを刺される。
ボムはマルがアランにお金を返したこと、そして留学することを知って空港に行こうとする。

◇ 我が家のハニーポット-34話

マルは留学を取りやめ空港から戻り、ボムに告白。戸惑うボムに、マルは母親の事故のことを謝り和解する。
アランはテホの本社復帰を急ぐが、テホはアランに婚約を先送りしようと言う。
ボムとマルの仲が良いことに嫉妬したテホは、マルに事務所で仕事をするよう指示。
そしてミダルは見合い相手のマ社長とボムを内緒で会わせようとたくらむ。
一方、グッキはパランの荷物を部屋から運び出し、片付けながらパランを恋しがっていた。

◇ 我が家のハニーポット-35話

ボムは自分が養子だった事実を知りショックを受け、そのことをミダルに問うとミダルとベダルは大慌て。
ボムと仲の良いマルが気に入らないテホは、ボムとの関係を聞くが、マルは素っ気なく返答する。
ベダルはお金を増やすため知り合いから聞いた話に乗りで全財産を投資するが、投資先と電話がつながらなくなる。
そしてボムは、ミダルが金持ちのマ社長に自分を嫁がせようとしたということを知りひとり厨房で泣いていると……。

次ページ 我が家のハニーポット-あらすじ-36話~40話

前ページ 我が家のハニーポット-あらすじ-26話~30話