スポンサーリンク

韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-43話~44話(最終回)-ネタバレ

韓国ドラマ 愛の群像 あらすじ キャスト

韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-43話~44話(最終回)-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで愛の群像をあらすじ紹介!
最高視聴率は53.1%%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【愛の群像 あらすじ】

魚市場で働きながら大学に通い、妹の面倒を見るカン・ジュホ(ぺ・ヨンジュン)は、幼くして父親に死なれ、母親に捨てられるという不遇な環境で育った。
叔母の許しで成長したジェホは、貧しさと女性を憎み、物質的な成功だけを信じる打算的な男だった。
そんな彼の前に二人の対照的な女性が現れる。
愛は奪うものと言い切り、そつなく生きる女子大生のチョ・ヒョンス(ユン・ソナ)と、愛が世界を変えると信じる真面目な年上の臨時教師イ・シニョン(キム・ヘス)。
貧しい環境から抜け出そうと野望を燃やすジェホは、自分の経歴に嘘をつき、金と出世のために社長令嬢であるヒョンスに近づき、二人は付き合い始める。
ヒョンスは彼の野心を知りながらも、次第に惹かれていく自分に気づく。シニョンに初めて愛を知ったジェホ。
シニョンもまた彼を愛するのだったが、二人の間には数々の障害が待ち受けていた。

【愛の群像 あらすじ 43話~44話(最終回)】

43話「残された日々」

ジェホの余命宣告にショックを受け、シニョンは動揺を隠せない。
しかし、そんなシニョンに対し、ジェホは今が一番幸せだと素直な気持ちを告げる。
ジェヨンがソックとの子供を授かり、家族中が大喜びをする。
ジェホはソックに対し、唯一の男として家族を守ってほしいと伝える。
病状が悪化するジェホを見て、ジンスクはジェホの母親に彼の容体を告げる。
しかし、ジェホは母親と会うことを拒むのだった。

44話(最終回)「愛の軌跡」

ジェホは母親と会うことにするが、病魔に蝕まれ、視力を失っていた。
そんなジェホの姿を見て、母親はジェホに詫び、一緒に暮らそうと話す。
ある日、ジェホはジンスクの家に泊まり、今まで育ててくれたお礼を告げる。
ジェヨンが男の子を出産し、ジェホと名付ける。
耳も目も不自由になってしまったジェホだが、大喜びで子供に触れる。
シニョンのためにつらい闘病生活に耐えていたジェホだが、病状は日に日に悪化するが…。

愛の群像 あらすじ 全話一覧