スポンサーリンク

韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-34話~36話-ネタバレ

韓国ドラマ 愛の群像 あらすじ キャスト

韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-34話~36話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで愛の群像をあらすじ紹介!
最高視聴率は53.1%%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【愛の群像 あらすじ】

魚市場で働きながら大学に通い、妹の面倒を見るカン・ジュホ(ぺ・ヨンジュン)は、幼くして父親に死なれ、母親に捨てられるという不遇な環境で育った。
叔母の許しで成長したジェホは、貧しさと女性を憎み、物質的な成功だけを信じる打算的な男だった。
そんな彼の前に二人の対照的な女性が現れる。
愛は奪うものと言い切り、そつなく生きる女子大生のチョ・ヒョンス(ユン・ソナ)と、愛が世界を変えると信じる真面目な年上の臨時教師イ・シニョン(キム・ヘス)。
貧しい環境から抜け出そうと野望を燃やすジェホは、自分の経歴に嘘をつき、金と出世のために社長令嬢であるヒョンスに近づき、二人は付き合い始める。
ヒョンスは彼の野心を知りながらも、次第に惹かれていく自分に気づく。シニョンに初めて愛を知ったジェホ。
シニョンもまた彼を愛するのだったが、二人の間には数々の障害が待ち受けていた。

【愛の群像 あらすじ 34話~36話】

34話「忍び寄る病魔」

ジェホはチーム長としてヒョンスの下で働くことになる。
ある日、ジェホは仕事上の意見の食い違いでヒョンスと衝突し、家が差し押さえられたのはヒョンスの仕業だったという事実を知る。
ジェホは家に帰りたくなくてジンスクの店に行くが、ジンスクは店を売りに出していた。
ジェホは体調が悪く交通事故を起こしてしまう。病院で検査を受けるが、ちょうど担当医はギルジンの知り合いだった。

35話「深刻な病(やまい)」

ギルジンは、ジェホの担当医だった友人からジェホの後頭部に悪性の腫瘍があることを伝えられる。
ジンスクは店を売ってヒョンスに借金の返済をし、ジェホはヒョンスが裏で手を回して家を差し押さえたことを既に知っているとヒョンスに告げる。
さらにヒョンスはギルジンからジェホの病気をことを聞かされてショックを受ける。
ヒョンスはジェホを病院で治療を受けさせようとするが、ジェホはそれを頑なに拒むのだった。

36話「自暴自棄」

ヒョンスはジェホに早く治療を受けるよう哀願するが、治る見込みがないと感じたジェホは治療を受けようとはしなかった。
自分が長くないと感じたジェホはスックを呼び出し、母親の居所を捜してほしいと頼み込む。
ジェホはシニョンにも連絡をしてみるが、何もしらないシニョンはジェホに冷たく当たる。
ジェホの自暴自棄な姿を見て、ヒョンスはシニョンに連絡をし、ジェホのために別れようと思っていることを伝える。

愛の群像 あらすじ 37話~39話

愛の群像 あらすじ 全話一覧