スポンサーリンク

韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-31話~33話-ネタバレ

韓国ドラマ 愛の群像 あらすじ キャスト

韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-31話~33話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで愛の群像をあらすじ紹介!
最高視聴率は53.1%%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【愛の群像 あらすじ】

魚市場で働きながら大学に通い、妹の面倒を見るカン・ジュホ(ぺ・ヨンジュン)は、幼くして父親に死なれ、母親に捨てられるという不遇な環境で育った。
叔母の許しで成長したジェホは、貧しさと女性を憎み、物質的な成功だけを信じる打算的な男だった。
そんな彼の前に二人の対照的な女性が現れる。
愛は奪うものと言い切り、そつなく生きる女子大生のチョ・ヒョンス(ユン・ソナ)と、愛が世界を変えると信じる真面目な年上の臨時教師イ・シニョン(キム・ヘス)。
貧しい環境から抜け出そうと野望を燃やすジェホは、自分の経歴に嘘をつき、金と出世のために社長令嬢であるヒョンスに近づき、二人は付き合い始める。
ヒョンスは彼の野心を知りながらも、次第に惹かれていく自分に気づく。シニョンに初めて愛を知ったジェホ。
シニョンもまた彼を愛するのだったが、二人の間には数々の障害が待ち受けていた。

【愛の群像 あらすじ 31話~33話】

31話「悲しい別れ」

お金が必要でヒョンスから助けてもらったことを知り、シニョンはジェホが別れようとしていることを感じていた。
ヒョンスの父親はジェホの身の上話を聞き、ヒョンスとジェホの結婚を反対するどころか賛成し、すぐにでも婚約するべきだと主張して結納の日取りも決めてしまう。
ジェホはビョングクに会い、シニョンと別れたことを告げる。
理由を聞かれ、ジェホは、大金が必要になり金持ちの女性と一緒になるとありのままをビョングクに伝える。

32話「結納」

ジェホの決意は固く、シニョンはジェホを取り戻すことできない。
ギルジンは、ヒョンスにこのまま無理矢理ジェホと結婚すれば、幸せになどなれないと忠告するがヒョンスは聞く耳も持たない。
ヒョンスの父親は親友のビョングクにヒョンスと結婚相手との会食に同席するよう頼む。
シニョンは父親にヒョンスの結婚相手とはジェホのことだと告げる。
結納の日、ジェホは急に視界が曇り、気分が悪くなる。

33話「傷ついた心」

ジェホは家を出て、社宅に引っ越すことにする。
ヒョンスはジェホの世話を焼こうといろいろ気を使うが、ジェホはそんな彼女をうっとおしく思っていた。
ある日、ヒョンスとでデパートで買い物をしているとき、ジェホは再びめまいに襲われてしまい、体の異変を感じるのだった。
ヒョンスの父親は、ビョングクの家にお礼をしに行きたいというが、ヘジャやシニョンもジェホとヒョンスには会いたくないと居留守を使う。

愛の群像 あらすじ 34話~36話

愛の群像 あらすじ 全話一覧