スポンサーリンク

韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-19話~21話-ネタバレ

韓国ドラマ 愛の群像 あらすじ キャスト

韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-愛の群像-あらすじ-19話~21話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで愛の群像をあらすじ紹介!
最高視聴率は53.1%%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【愛の群像 あらすじ】

魚市場で働きながら大学に通い、妹の面倒を見るカン・ジュホ(ぺ・ヨンジュン)は、幼くして父親に死なれ、母親に捨てられるという不遇な環境で育った。
叔母の許しで成長したジェホは、貧しさと女性を憎み、物質的な成功だけを信じる打算的な男だった。
そんな彼の前に二人の対照的な女性が現れる。
愛は奪うものと言い切り、そつなく生きる女子大生のチョ・ヒョンス(ユン・ソナ)と、愛が世界を変えると信じる真面目な年上の臨時教師イ・シニョン(キム・ヘス)。
貧しい環境から抜け出そうと野望を燃やすジェホは、自分の経歴に嘘をつき、金と出世のために社長令嬢であるヒョンスに近づき、二人は付き合い始める。
ヒョンスは彼の野心を知りながらも、次第に惹かれていく自分に気づく。シニョンに初めて愛を知ったジェホ。
シニョンもまた彼を愛するのだったが、二人の間には数々の障害が待ち受けていた。

【愛の群像 あらすじ 19話~21話】

19話「家庭環境」

ビョングクは破談に怒りを露わにするが、母親のヘジャはシニョンが愛している人であれば、とシニョンの肩を持つ。
ヘジャはジェホを一目見ようと大学を訪れる。
しかし、そこでジェホには両親がいないことを聞き、露骨に嫌な顔をするのだった。
ジェホはジンスクに結婚したい人がいることを伝え、ジンスクはその話を聞いて大喜びをする。
そんな中、ヒョンスはジェホの前に現れ、まだ諦めていないことを伝える。

20話「周囲の反対」

大学の中でのジェホとシニョンの関係は噂の的になっていた。
シニョンはギルジンから教授会でジェホとの仲が問題になっていると伝えられる。
ビョングクはジェホに会い好感を持つが、母親と同様に彼に両親がいないことを快く思わなかった。
ビョングクは、ギルジンにシニョンを諦めるなと思いを伝える。
ある日、ジェホはシニョンの家を訪ねるが、そこにはヒョンスも呼ばれていた。

21話「複雑な関係」

シニョンの両親はジェホのことが気に入らない。
しかも、ヘジャはジェホがジンスクと血縁関係だと知り、絶対に認めないと宣言する。
シニョンは大学からジェホとの関係を問いただされるが、正々堂々と関係を告白する。
ヘジャはジンスクを訪ね、これ以上ジェホがシニョンに会わないよう忠告をする。
ヘジャは、元々はジンスクと同じ場所に住む幼馴染だった。
一方、ヒョンスは叔父の会社で働き始める。

愛の群像 あらすじ 22話~24話

愛の群像 あらすじ 全話一覧