スポンサーリンク

韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988-あらすじ-16話~18話-放送予定

韓国ドラマ 恋のスケッチ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-恋のスケッチ~応答せよ1988-あらすじ-16話~18話-放送予定
最終回まで一気読み!ネタバレありで恋のスケッチ~応答せよ1988をあらすじ紹介!
視聴率は異例の18.8%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【恋のスケッチ~応答せよ1988 あらすじ】

韓国でオリンピックが開催された1988年。
勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ)は、両親と姉、弟の5人家族。
姉ボラ(リュ・ヘヨン)とは犬猿の仲でささいなことですぐに大喧嘩。
兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)。
ある日、ドクソンは友人の一言をきっかけに、急にソヌのことを意識し始める。
だがソヌが想いを寄せていたのは・・・。

【恋のスケッチ~応答せよ1988-16話~18話-あらすじ】

第16話 人生とは皮肉なもの

テクがドクソンに告白することを知ったジョンファンは、自分の気持ちを必死に隠すことしかできない。
5年ぶりに道峰区ではのど自慢大会が開かれることになり、横町からも歌に自信のある面々が参加する。
一方、ムソンはソニョンに対する気持ちをテクに正直に話し、一歩を踏み出そうとするのだった。
そんなある日、テクの部屋に遊びに行ったジョンファンは、大切な写真が入った財布をうっかりテクの部屋に忘れてきてしまう。

第17話 人生とは皮肉なものⅡ

テクが約束を破ったことに傷つくドクソン。
そして互いのドクソンへの思いを知ったテクとジョンファン。
それぞれが複雑な思いを抱えたまま、気晴らしにサッカーをしに行くが、予想外のハプニングが起きてしまう。
久しぶりの流星群が輝く夜、横町の人々は流れ星にそれぞれの願いをかける。そんな中、ボラは電話でソヌを呼び出すのだった。
一方、将来やりたいことが見つからないドクソンは、周りの人たちが夢を語る中、焦りを感じ始める。

スポンサーリンク



第18話 さようなら 初恋

1994年10月。社会に出てそれぞれの道を歩きはじめた横町の幼なじみ5人組。
テクの誕生日に久しぶりに集まった5人は、楽しい時間を過ごす。
久しぶりに帰ってきた子供たちの顔を見た親たちも、喜びを隠せない。
ドンリョンは恋に奥手なジョンファンが、空軍士官学校を卒業する時にもらったフィアンセリングをまだ誰にも渡せていないことを知り、一生告白できない男だとからかうが、その言葉にジョンファンの心は揺れる。

恋のスケッチ~応答せよ1988-あらすじ-19話~20話(最終回)

恋のスケッチ~応答せよ1988-全話一覧