スポンサーリンク

韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-49話~51話

韓国ドラマ チャングムの誓い あらすじ
韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-49話~51話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで宮廷女官チャングムの誓いをあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【宮廷女官チャングムの誓い 相関図】

韓国ドラマ チャングムの誓い 相関図

【宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-49話~51話】

49話

チェ一族は崩壊した。
ある日中宗は自分が王位につく前、危険な使いとも知らず酒を配達に来た幼い娘がチャングムであることを思い出した。中宗はチャングムとの縁を感じ信頼度が増していく。
中宗はチャングムに再び願いを尋ねた。するとチャングムは活人署への異動を願い出たのだ。
チャングムは貧しい人たちの世話をしながら医術の勉強をしたいと願っていたのだ。
チャングムは宮中を離れ、貧しい民達を相手に治療に打ち込む日々を送っていた。

一方、チャングムがいない宮中では水剌間、内医院ともに体制の立て直しを図ろうとしていた。
そして、水剌間の新しい最高尚宮としてミン尚宮が最高尚宮に就任した。

そんな時、チャングムは皇后から宮中に呼ばれたのだ。
皇后は、王子を呪う札を見つけチャングムに助けを求めたのだ。

スポンサーリンク



50話

中宗がチャングムを主治医に命じると発言した事で、宮中では大きな波紋を呼んでしまう。
皇太后はしきたりを重んじるため激しい憤りを感じ、内医院内でもチャングムへの反感が生じていたのだ。
チャングムとジョンホは困難な状況に立たされてしまう。そして2人はお互いの恋を貫くため行動を起こすことにしたのだ。
ジョンホは宮中に辞職届を出し、チャングムは置手紙をトックの家に置き、2人は船に乗り逃げたのだ。
しかし追いかけてきた右議政に諭されたジョンホは考え直し、チャングムと共に都へ戻る決心をする。
都へ戻る道中、ジョンホはチャングムに王の主治医になるよう勧めたのだ。

宮中へ戻ったチャングム。
皇后や内医院の人々、ヨンセンたちからも王の主治医を辞退するよう説得されたが、チャングムは王命に従うことを決めたのだ。チャングムへの非難は高まる一方だった。
そしてチャングムを指示するジョンホも厳しい状況に立たされてしまうのだった。
ヨンセンはチャングムに中宗との拝謁を取り持ったとして皇太后から呼び出しを受ける。
そして皇太后から問い詰められたヨンセンは心痛のあまり産気づいてしまうのだった。

51話

キョンウォン王子が高熱で意識を失ってしまった。ウンベクはキョンウオン王子の病気の即断を避ける一方、中宗は皇后にキョンウォン王子の治療をチャングムに任せることを提案する。
しかし皇后は中宗の提案を拒むのだった。
王の主治医を辞退したチャングムは活人署へ戻ることになる。活人署へ戻ったチャングムの元に天然痘の子供が運ばれてくる。

一方、中宗の元にはジョンホを弾劾すると言う上訴文が次々に送られてきていた。
中宗はジョンホを呼び出すと、なぜそこまでしてチャングムを支持するのか尋ねるのだった。

一方、キョンウオン王子の病気が天然痘と判明した。
しかし治療法がなく、もし助かった場合も後遺症が残ってしまう。
皇后はただ祈りを捧げるしかなかったのだ。
伝染病である天然痘について調べようと、シン医局長らは視察のため町に出て行く。
するとそこで予防法が広められていることを知ったのだ。一方、チャングムは隔離された小屋の中でたった1人、天然痘の患者の治療にあたっていた…。

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-52話~54話(最終回)

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-全話一覧