スポンサーリンク

韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-37話~39話

韓国ドラマ チャングムの誓い あらすじ
韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-37話~39話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで宮廷女官チャングムの誓いをあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【宮廷女官チャングムの誓い 相関図】

韓国ドラマ チャングムの誓い 相関図

【宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-37話~39話】

37話

関節炎の悪化している皇太后だったが、突然シン・イクピルの治療は受けないと宣言した。
そして王室の親族のイ・ヒョヌクを罷免し、粗末な医務官を寄越すのかと中宗を責めたのだ。
皇太后の状態は予断を許さない状況だった。
そのため中宗は母親を助けなければならないと、皇太后に治療を受けてもらえるよう公務は二の次にして、皇太后の機嫌を取り戻すことに専念する。
皇太后はヒョヌクから、イクピルが数年前誤診したため高官の命を奪い、そのことをもみ消したのがチョ・グァンジョだと吹き込まれていたのだ。
皇太后の身を案じた中宗は、悩んだ末イクピルの免職を決定した。
チャングムは今回の騒ぎの矛先が、左賛成とジョンホに向いていることを察した。
窮地に追い込まれたイクピルを救おうと、チャングムは皇太后に賭けを申し出たのだ。
もし自分が出した謎を皇太后が答えられれば命を差し出すと言い、もし答えられなければ皇太后は治療を受けるという条件だった。皇太后はチャングムの賭けを受け入れた。

謎解きの猶予は1日会った。クミョンが謎を解き皇太后に報告する…。

スポンサーリンク



38話

皇太后の容態が急変する。
皇太后が治療を拒んでいた間に悪化し煎じ薬を受け付けられないほど体が弱り、鍼治療すらもできなくなってしまっていた。皇太后は脚気を発症していた…。イクピルは治療法を模索する。
皇太后は治療が遅れるほど命の危険な状態になりかねなかった。
そこでウンベクは水刺間に食事療法を指示するが、脚気に効能がある食べ物は全て皇太后の嫌いなものばかりだったのだ…。
チャングムはクミョンに頼んで今までの皇太后の献立を見せてもらう。そしてチャングムは皇太后の食習慣に原因があることに気が付いたのだ。
チャングムはイクピルの指示で皇太后のため特効薬・丸薬を作り始める。
チャングムの作った丸薬は皇太后の口に合い進んで摂取するようになった。
それを見てチャングムに嫉妬するヨリは、チャングムの後をつけ丸薬の秘密を暴く。
そして丸薬の材料が皇太后の嫌いなニンニクだと知るのだった。

皇太后は身体に変化が現れ始める。
クミョンたちはチャングムの存在に危機感を募らせ始める。

39話

皇后は以前食べたメミル・チョンビンの味が忘れられなかった。
チャングムが以前、水刺間の女官だったことを思い出した皇后は、メミル・チョンピョンを夜食に作って欲しいとチャングムに頼んだ。
偶然、クミョンもメミル・チョンビョンを作り皇后に持っていくが、皇后はクミョンの作ったものには手を付けずチャングムの料理を食べたのだ。
クミョンは耐えられないほどの屈辱を受ける…。

ヨリはチャングムを追い出す為にあらゆる手をつくしていたが、屈辱を受けたクミョンはよりとの取引に応じたのだ。

都の近くで疫病が発生し、中宗は医務官らの派遣を言い渡した。
内医院から派遣する医女を選ぶことになるが、ヨリは自ら志願する。
その一方でよりはチャングムの失態を作り出すのだった。
チャングムはよりの企みにより内医院で孤立し、医女たちの結束に亀裂を入れた責任として疫病地域への派遣を命じられてしまう。
ヨリとチョン・ユンスは更にチャングムを処罰するチャンスを狙っていた…。

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-40話~42話

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-全話一覧