スポンサーリンク

韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-13話~15話

韓国ドラマ チャングムの誓い あらすじ
韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-13話~15話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありで宮廷女官チャングムの誓いをあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【宮廷女官チャングムの誓い 相関図】

韓国ドラマ チャングムの誓い 相関図

【宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-13話~15話】

13話

最高尚宮の座を巡って、ハン尚宮とチェ尚宮は競合することになった。
チェ尚宮はクミョン、ハン尚宮はチャングムを助手に指名した。
チャングムは麻痺の後遺症で味覚を失っていたためハン尚宮に辞退を申し出る。
しかしハン尚宮はチャングムの持っている能力を最大限に引き出そうと、チャングムに訓練をさせるのだった。一方、チェ尚宮も競い合いに勝つために裏工作を進めていたのだ。
ヨンノをチャングムと同室にすると、ヨンノにスパイを命じたのだ。

そんな時、宮中の味噌の味が変わると言う事件が起こったのだ。
基本食材であるみそは、吉凶までもを左右する。味噌の味の変化は不吉の前兆とされていたのだ。
女宮長から原因を追求するよう命じられたチョン最高尚宮。
すると原因究明を競い合いの最初の課題だとハン尚宮とチェ尚宮に言い渡した。

スポンサーリンク



14話

ハン尚宮とチャングムは味噌の味が変わった原因を突き止めた。
しかし、味覚がいまだ戻らないチャングムは気が晴れなかった。
ある日チャングムは、かつて医師だった菜園のウンベクに味覚の事について相談に行く。
その頃ウンベクは蜂の針の効能について調べていた。
負傷した兵士が蜂に刺された後全快したと知ったチャングムは、自分にも蜂の針を刺して試してほしいと申し出たのだ。しかしウンベクはチャングムの申し出を断るのだった。
落ち込むチャングムの様子を見ていたチョンホは慰めの言葉をかけた。

一方、ヨンノはチェ尚宮からの指示通りチャングムの様子を逐一クミョンに報告していた。
そして、チェ尚宮はチャングムの秘密を知ることになる…。

その頃、水刺間ではシンミジェという毎年恒例の行事の開催が近づいていた。
審査をハン尚宮とチェ尚宮がすることが決まった。
チェ尚宮は、チャングムの味覚が失われていることを確認しようとしていた。

15話

王はチャングムが鯨の肉で作った串焼き料理に満足し、高い評価を下した。
その結果にチェ尚宮は面白くない。
チェ尚宮は女官たち全員がいる前でチャングムが味覚を失っていると暴露したのだ。
そして、味覚を失った者が水剌間にいていいのかと発言したのだ。
チャングムの味覚検査が行われることになる。
チャングムはアミの塩辛を使った問題にすべて正解し、味覚が戻っていることを証明したのだ。
味覚が戻ったことを菜園のウンベクに知らせたチャングムは、ウンベクと、落ち込んでいた時に慰めてくれたチョンホにお礼のために料理を作る。

チェ尚宮は競合の取り下げを狙い根回しをした。
しかしその結果競合はそのまま行われる事になるが、判断を下すのが中宗ではなく皇太后が行なうことになったのだ。
次の競い合いが迫ったある日、皇太后から、これまで捨てていたものを利用した料理という課題が出されたのだ。

一方、チョンホは皇后から命じられ、ウナム寺で療養する尚宮のために医務官と料理人を手配する。

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-16~18話

宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-全話一覧