スポンサーリンク

韓国ドラマ-大切に育てた娘ハナ-あらすじ-64話~66話-最終回まで一気読み

韓国ドラマ-大切に育てた娘ハナ-あらすじ-ネタバレ


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-大切に育てた娘ハナ-あらすじ-64話~66話-最終回まで一気読み
最終回までネタバレありで大切に育てた娘ハナをあらすじ紹介!
視聴率14.6%を獲得!キャストと相関図も紹介!

【大切に育てた娘ハナの概要】

ファンソ醤油の後継者をめぐり次々と起こる試練!!
そして、二人の男性との恋模様を描く!
ファンソ醤油と敵対するSSグループの御曹司ドヒョンとの禁じられた愛と、
常にハナを助けるユンチャンとの恋の行方は??
家族と伝統を守る為”男として生きる女性を描く!

【大切に育てた娘ハナ-あらすじ-64話~66話】

大切に育てた娘ハナ 64話

様々な障壁に翻弄されるハナとドヒョンだったが、2人は桜の木の下で思いを確認し合う。
ドヒョンは父ソル会長に、かつてSSの被害を受けた人たちへ謝罪することを進言するが聞く耳を持ってもらえない。

一方ファンソでは女性が後を継ぐことを認めないチャン会長にハナが驚きの提案を。
そんな中、ハナとドヒョンは反対の多い2人の婚約を、誓約式という形で確かめ合いたいと考える。

スポンサーリンク



大切に育てた娘ハナ 65話

ハナとドヒョンの誓約式は大きな波紋を呼ぶ。
ソル家の親子対立は深刻で、ソル会長によってドヒョンは副会長職を解任されてしまった。
2人を心配するハナの母ヒョソンは、期限までにソル会長とハナが和解できなければ、ハナとの結婚をあきらめるようにドヒョンを諭す。
期限が迫る中、ファンソではみそ玉に不吉な兆候とされる赤カビが発生。
さらに日食も近づいて…。

大切に育てた娘ハナ 66話

ファンソでは、赤カビの被害が急速に広がったため、チャン会長はついに長男だけが見ることができる秘伝書をハナに託す。
解決策が見いだせない中、新規事業でファンソ更生を図ろうとするハナにパク・ドゥシクが接触してくる。
日食の前の赤い月の夜、ハナの家では姉ハミョンと母ヒョソンが同じ夢にうなされ…。

韓国ドラマ 大切に育てた娘ハナ あらすじ 67~69話

韓国ドラマ-大切に育てた娘ハナ-あらすじ-全話一覧