スポンサーリンク

韓国ドラマ-名前のない女‐70話から72話‐いっき読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!いっき読み!
韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-70話~72話-ネタバレ
最終回までいっき読み!ネタバレありで「名前のない女」をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 名前のない女 概要】

それぞれ違った形の強い母性愛をもつ2人の女性の泥沼復讐劇。
出演はオ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、Hoon (U-KISS)他
理不尽にも娘を奪われた恨みと悲しみ!本当は最も近い存在なのに、なぜか仇敵同士になった二人の女性・・。繰り広げられる魂の格闘は、家族や恋人を巻き込んで最大の苦難となった!究極のヒューマンラブストーリー

【韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 70話~72話】

70話

ドヨンはジウォンを信じられなくなり、離婚を決意します。するとこれにヘジュが怒り、ドヨンの浮気説をぶち上げるのでした。突然離婚を言い出したのは不倫してるからよ!そうに違いないわ!と。これは完全に言いがかりでしたが、ドヨンはヘジュに責められ倒れてしまいます。一方、ヨリはマヤを引き取ることに全力を注いでいました。そして法的な権利を得るため、裁判に訴えます。

なにがなんでもマヤだけは奪い返してみせる・・そんなヨリの気迫がにじみ出ていました。しかし時期尚早だったのか、ヨリは裁判で負けてしまいます。どうして負けるのよ・・この私がマヤの母親であることは確実なのに!と。ヨリは深く落ち込みますが、それでも諦めようとしませんでした。もし諦めたら、これまでの苦労が全て泡になってしまうからです。

こうしてヨリは素早く体制を立て直し、再びジウォンに挑んでいきますが・・。実はジウォンにはまだ秘密があることが分かり、ヨリは懸念を抱くようになります。一方、ヘジュは相変わらずドヨンのことで怒っていましたが、ドヨンは聞く耳を持ちません。彼にとってジウォンと離婚することは、不可逆的な決定だったのです…。

71話

ジウォンにとってマヤはどういう存在なのかしら・・。ヨリはずっとこの問題について考えていました。そして明確な答えを得ることができず、悩むようになります。彼女にとってマヤは何が何でも手放したくない存在とは思えない・・。それにも関わらず、なぜジウォンはマヤにこだわるのかしら・・と。気になったヨリは、ジウォンとマヤの関係を慎重に調べていきます。

その一方、キム博士との出会いを得たヨリは、博士に血縁関係のことを相談しました。自分とマヤが血縁的に親子であることを証明するには、どういう証拠を掴めばいいのかと。その頃、ドチはドヨンのことを気遣いながら、ジウォンに対するいら立ちを募らせていました。ジウォンが悪辣な人間であることは知っていましたが、その上、頑固な性格に呆れ果てていたのです。もっと素直に・・もっと柔軟になれないものかね・・と。

それでもドチはマヤのことを考えて、自分をコントロールしようとするのでした。マヤが頑張ってるのに、俺がここで投げ出すわけにはいかないな、と。一方、ヘジュはドヨンとジウォンの婚姻関係の書類を見て、衝撃を受けます。そこにはなんと、ジウォンが自分の継母だと記されてあったのです。ジウォンが私の実母じゃないって・・どういうこと?激しく動揺するヘジュはそのままジウォンの元に行き、書類の意味を問い質すのでした…。

72話

ムヨルにはカヤとマヤの双子の子供がいましたが・・。最近はマヤばかりがクローズアップされて、カヤのことは忘れられていました。そうした中、カヤは具合が悪くなって寝込んでしまいます。ムヨルはただの風邪だろうとタカをくくりましたが、実際は深刻な状態でした。そして病院に連れて行ってみると、すぐに緊急処置をしなければならないとのこと・・。

カヤ・・すまん・・こうなるまで気づいてやれなかった俺を恨んでくれ!ムヨルは父親として反省しますが、反省するよりもまずは病気を治すことでした。一方、マヤの血縁についても引き続き論争が行われています。DNA鑑定によればヨリの娘であることは間違いないのですが、ヘジュやジウォンは納得しなかったのです。もっと決定的な証拠がなければ、ヨリの娘として認めるわけにはいかないと・・。

そこでヨリは学者に相談し対策を練りましたが、未だに解決策は出されていません。あとは話し合いをするしかありませんが、ジウォンは乗り気ではありません。それどころか、根拠もなしにマヤは我々の子供だと言い切ったのです。もちろんヨリが納得できるはずがありません!ボラは私の娘・・絶対に誰にも譲らないから・・と、一歩も引きません…。

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 67話~69話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 73話~75話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 全話一覧