スポンサーリンク

韓国ドラマ-名前のない女‐55話から57話‐いっき読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!いっき読み!
韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-55話~57話-ネタバレ
最終回までいっき読み!ネタバレありで「名前のない女」をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 名前のない女 概要】

それぞれ違った形の強い母性愛をもつ2人の女性の泥沼復讐劇。
出演はオ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、Hoon (U-KISS)他
理不尽にも娘を奪われた恨みと悲しみ!本当は最も近い存在なのに、なぜか仇敵同士になった二人の女性・・。繰り広げられる魂の格闘は、家族や恋人を巻き込んで最大の苦難となった!究極のヒューマンラブストーリー

【韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 55話~57話】

55話

逮捕されることも投獄されることも、私は慣れているわ・・。ヨリは余裕の態度を見せていましたが、内心では怒りが爆発しそうになっていました。私をこんな目に遭わせたジウォンやムヨル・・絶対に許さないからね!と。こうした中、ヨリの気持ちを落ち着かせるかのように、一通の手紙が届きます。ヨリは慎重に差出人を確認しますが、そこには何も記載されていませんでした。

このタイミングで一体誰が私に手紙を・・はて・・と、ヨリは頭を巡らします。そして内容を読んでみたところ、そこには驚くべきことが書かれていました。一つはボラがちゃんと生きていること、そして彼女が立派に育っていることです!ヨリは手紙を読んで元気になり、将来のために今を耐え抜こうとするのでした。それにしても気になるのは・・手紙の差出人です。

ヨリはドチに手紙を託し、自分の代わりに差出人を探してもらいます。ドチはようやく自分の出番が来たとばかりに、張り切って捜索に乗り出すのでした。一方、ウィッドグループはジウォンやムヨルが経営を牛耳っていました。さらにそこへヘジュも参画し、三者による共同支配で会社を動かしていきます。しかしジウォンはヨリがいつ戻ってくるかと、落ち着かない日々を送っていました…。

56話

一日でも早くヨリを釈放させて一緒になりたい・・。そして会社の経営でもアドバイスをしてもらいたい!ドチは強くそう願いますが、彼女を助けるための方法を考え出せません。なんせ、ヨリがソルを名乗ったことは事実であり、動かしがたい証拠もあるのです。これを覆して釈放させるには、よほどのことをしなければなりません。その究極のウルトラCが、ドチには思いつかないのです。

とにかく早く釈放されてほしい・・ひたすらそう願うばかりです。加えて、ヨリの家族もトラブルに巻き込まれ、ドチはその救援もしなければなりません。こうした中、会社の経営からは少しずつ離れていき、ウィッドグループはジウォンたちの巣窟と化していきます。一方、マヤは両親が共にいながら浮かない顔をしていました。その理由は、自分が辛いときに助けてくれたソルと会えなくなったからです。

表情はどんどんやつれていき、まるで恋人を失くしたように落ち込むのでした・・。ヨリは監獄で忍耐する日々を送っていましたが、そこへ新たな試練が降りかかります。なんとジウォンの謀略により、暴行事件の罪をなすり付けられたのです。その結果、ヨリは独房送りとなり刑期が延長されてしまうのでした…。

57話

ヨリは辛い刑期を耐え忍んで頑張っていましたが、なかなか釈放の日がやって来ません。それもそのはず、ジウォンが裏から手を回し、刑期が長引くようにしていたからです。これではいつになったら出られるのか・・皆目見当もつきません。そうした中、ヘジュがウィッドグループの社員として刑務所を訪れます。実は会社で社会貢献事業を行っていて、その視察にやって来たのです。

そしてヘジュはヨリと遭遇し、なんともいえない雰囲気が二人を包み込むのでした。こうして作業が始まり、ヨリは大人しく自分の仕事に取り掛かります。しかしヘジュはここぞとばかりにヨリを攻撃し、彼女に対して召使のように命令します。ヨリにとっては耐えがたい苦痛ですが・・それでも将来のために耐え抜きます。

一方、ウィッドグループではなぜかファッション部門の業績だけが落ちていました。社員たちはその原因を探りますが、一つ分かったのはヘジュの指導力が低いということでした。ソルがいた頃はもっと強かったけど、今のリーダーはちょっとね・・と。こうして、ウィッドグループでのヘジュの存在感と影響力は低下していきます。そしてヘジュは起死回生の逆転をするため、ヨリのアイデアを盗んでコンペに出展するのでした!…。

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 52話~54話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 58話~60話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 全話一覧