スポンサーリンク

韓国ドラマ-名前のない女‐40話から42話‐いっき読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!いっき読み!
韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-40話~42話-ネタバレ
最終回までいっき読み!ネタバレありで「名前のない女」をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 名前のない女 概要】

それぞれ違った形の強い母性愛をもつ2人の女性の泥沼復讐劇。
出演はオ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、Hoon (U-KISS)他
理不尽にも娘を奪われた恨みと悲しみ!本当は最も近い存在なのに、なぜか仇敵同士になった二人の女性・・。繰り広げられる魂の格闘は、家族や恋人を巻き込んで最大の苦難となった!究極のヒューマンラブストーリー

【韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 40話~42話】

40話

価は順調に上昇している・・このままいけば我が社は安泰だろう。ドヨンもムヨルもそんな風に考えていました。しかし思わぬトラブルが生じ、ウィッドグループは窮地に立たされます。そして株価は一転して下がり始め、暴落の危機を迎えたのです。それだけならまだしも、会社の評判も下がっていきました。まずい!なんとかしないと!会社がつぶれてしまうぞ!ドヨンたちは焦りますが、有効な対策が思いつきません。

株価の上昇に浮かれていて、経営感覚がすっかり錆びてしまっていたからです。それはムヨルも同様で、彼もまた株価上昇に浮かれた人間の一人でした。ところが、ムヨルはドヨンのように慌てていませんでした。そういうフリはしていましたが、内心では笑っていたのです。その理由は、どんなに会社が傾いても、自分にだけは利益が来ると思っていたからです。

一方、ジウォンは精神的に不安定な日々を送っていました。ソルとボラの接近が現実味を帯びるようになり、そのことで焦っていたのです。こうした中、マヤが一枚の絵を描き、それをジウォンに見せたところ・・。ジウォンは突如、狂乱状態に陥り、マヤの絵をめちゃくちゃにするのでした。一方、ソルもケリーがボラでないことを知り、落胆します…。

41話

ヘジュは相変わらずムヨルに対して強い嫉妬心を抱き続けていました・・。そしてことあるごとにムヨルを責め立て、プレッシャーを与えていくのでした。ムヨルはそんな状況に疲れ果て、ついにヘジュと別れることを決意します。そんなに俺が信じられないのなら、思い切って離婚しようじゃないか!と。これにはさすがのヘジュも驚き、ムヨルをなだめつつソルに電話をかけるのでした。

そしてあなたがムヨルを躍らせてるんでしょ?と言い、ムヨルから手を引くよう迫ります。これに対してソルはとぼけてみせ、まったく相手にしませんでした。一方、ムヨルはヘジュとの離婚を急ぎながら、同時にソルにアプローチしていきます。君と一緒になる日が待ち遠しい・・もうすぐ公表できると思うんだが・・と。

ソルは心の中でしめしめと思いつつ、急いではいけないと言ってムヨルを牽制します。全ての手続きを終えてからでなければ、結婚なんかんできないと言ったのです。一方、ジウォンはソルの脅威を失くすため、彼女を会社から追い出そうとします。しかし策略を全て読まれてしまい、なかなか上手くいかないのでした。それどころかソルの両親がウィッドグループの大口株主だったことが分かり、ジウォンは衝撃を受けます…。

42話

ソルの計略は面白いほど成功し、ジウォンたちを翻弄します。そして気が付いたらウィッドグループは売却されることになり・・。ドヨンとジウォンは顔面蒼白になるのでした。しかし、ドヨンは売却の責任はムヨルにあると主張します。今回のことは全て彼が仕組んだことで、私には何の責任もないことだ!と。これに対して、ドチは違和感を覚えました。

確かにドヨンの主張には説得力がありましたが、それでもドヨンはグループの代表なのです。それなら何が起こっても責任は代表が取るべきだろう・・ドチはそう考えました。一方、ドチのソルに対する気持ちも薄れていきました。なぜなら、ソルがムヨルを操ってヘジュと引き離したという噂が聞こえてきたからです。ドチはそんなことあるわけない!とソルを信じようとしますが、ヘジュの話には信憑性がありました。

こうして、ドチはソルと距離をとるようになります。一方、ジウォンの家ではマヤがジウォンに冷たくされていました。それで彼女はたまらず家を飛び出し、激しく泣くのですが・・。たまたまそこにソルがあらわれて、マヤはソルに助けを求めます。するとソルは母親のようにマヤを受け止め、優しく抱きしめるのでした…。

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 37話~39話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 43話~45話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 全話一覧