スポンサーリンク

韓国ドラマ-名前のない女‐34話から36話‐いっき読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!いっき読み!
韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-34話~36話-ネタバレ
最終回までいっき読み!ネタバレありで「名前のない女」をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 名前のない女 概要】

それぞれ違った形の強い母性愛をもつ2人の女性の泥沼復讐劇。
出演はオ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、Hoon (U-KISS)他
理不尽にも娘を奪われた恨みと悲しみ!本当は最も近い存在なのに、なぜか仇敵同士になった二人の女性・・。繰り広げられる魂の格闘は、家族や恋人を巻き込んで最大の苦難となった!究極のヒューマンラブストーリー

【韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 34話~36話】

34話

ソルは前からジウォンに対して怒りを抱いてきましたが・・。新事実が発覚してからは、よりいっそう彼女を憎悪するようになります。あの女のせいで、私の娘はウィッドグループの奴隷にされた!そしてそのウィッドグループを取り仕切るあの女のことを・・私は絶対に許さないわ!と。ここにおいて、ソルは完全に冷静さを失っていました。ボラのことで心をかき乱され、作戦通りに行動できなくなったのです。

そして正気を失ったソルはジウォンの家に乗り込み、直接抗議しようとします。しかしそこへ母親が現れて、ソルをなだめるのでした。それでようやくソルの興奮は収まりますが、家の中にいたマヤと目が合うと、ふたたび興奮します。マヤはムヨルとヘジュの間に生まれた双子の一人ですが、ソルは彼女に何かを感じたようです・・。

一方、会社に戻ったソルはドヨンに対して大胆な提案をします。それはファッション部門で株式取引を行うことでしたが、内容的には危険な賭けでした。ドヨンは神妙な顔つきでソルの話を聞きますが、ジウォンは過剰な反応を見せます。ファッション部門で株式取引ですって!?あなたの狙いはなんなの?何をしようというの?と。一方、ドチとソルの母親は、二人でボラの話をしていました…。

35話

ソルはヘジュたちへの復讐を行いながら、純粋な気持ちを取り戻すようになっていました。なぜなら、死んだはずの娘が生きているかもしれないと分かったからです。決定的な証拠はまだありませんが、さまざまな情報を総合した結果、生存の可能性が高いと判断しました。ボラが生きている・・死んだと思ったのに・・生きている・・また会えるかもしれない!

そう考えただけで、ソルの目の前は眩しいほど明るくなっていくのでした。そして誰かに復讐する気持ちも、少しずつですが薄れていきます。やがて新情報が寄せられ、ついにソルはボラが生きていることを確信します。間違いない!これでボラは確実に生きている!遺骨に疑問を持ってよかったわ!と。一方、ヘジュは考え込むような仕草を見せていました。

その理由は、娘のマヤからとても不可思議な話を聞いたからです。そして気になったヘジュは独自に調べようとしますが・・。その前に、ヘジュはムヨルに対して究極の選択を迫ります。私を選ぶのか、それともソルを選ぶのか、いい加減にはっきりさせてちょうだい!と。こうしてムヨルは逃げ場がなくなり、追い込まれてしまうのでした…。

36話

ジウォンの発言力と影響力は、どこにおいても絶大なものがありました。ウィッドグループの会長はいちおうドヨンですが・・。会社においてさえ、実質的なリーダーと目されていたのはジウォンだったのです。さらにはプライベートにおいても、ジウォンは全てを自分の思い通りに進めていきました。マヤの友人がイギリスから遊びに来たときも・・。

ジウォンはその友人の名前を、全員にケリーと呼ぶよう強制しました。人の名前まで勝手につけるジウォンに、さすがに周りは戸惑いますが・・。一方、ジウォンとムヨルは人目を忍んである場所で密会していました。もちろんこれは逢瀬ではなく、二人しかしらない重要な問題を話し合うためです。その重要な問題とは、死んだとされているボラのことです。

この件については伏せたままにしておこう・・二人はこのように合意しました。一方、ソルはボラの生存を立証するための証拠集めを行っていました。そして病院の診療記録を丹念に調べていき、一人の看護師に辿り着きます。その看護師はおそらく、ボラのことをよく知っていると予想されました。そこでソルはすぐに本人の居場所を確かめ、直接会って話を聞こうとするのでした…。

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 31話~33話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 37話~39話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 全話一覧