スポンサーリンク

韓国ドラマ-名前のない女‐31話から33話‐いっき読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!いっき読み!
韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-31話~33話-ネタバレ
最終回までいっき読み!ネタバレありで「名前のない女」をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ 名前のない女 概要】

それぞれ違った形の強い母性愛をもつ2人の女性の泥沼復讐劇。
出演はオ・ジウン、ペ・ジョンオク、ソ・ジソク、パク・ユンジェ、チェ・ユンソ、Hoon (U-KISS)他
理不尽にも娘を奪われた恨みと悲しみ!本当は最も近い存在なのに、なぜか仇敵同士になった二人の女性・・。繰り広げられる魂の格闘は、家族や恋人を巻き込んで最大の苦難となった!究極のヒューマンラブストーリー

【韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 31話~33話】

31話

ソルに対して猛烈な対抗心を抱くヘジュでしたが・・。彼女はソルの両親から意外な話を聞き、心を安堵させます。その話とは、ソルの両親がソルとドチを一緒にしたいと思っていることです。ムヨルはショックを受けますが、ヘジュにとってはいい話でした。それはいいことです!ぜひお二人が結婚できるようみんなで応援しましょう!と。

異様にテンションが上がるヘジュですが、ムヨルはその逆の状態でした。彼はドチに対して嫉妬心を抱き、表情を曇らせていたのです。ヨリとドチが一緒になるなんて・・とんでもない!と。こうして晴れ晴れとした気持ちで家に戻ったヘジュですが、この後、再び彼女の怒りが爆発することに。ソルはなおもムヨルに接近し、彼と話しているところをわざとヘジュに目撃させたのです。

そしてヘジュは女性とは思えないほど怒髪天になり、怒りと嫉妬心を膨らませていきます。ソルがドチに気があるのは確かですが、彼女の目的はあくまでも復讐だったのです。そしてその復讐の一つが、ムヨル一家を破壊することにありました。しかも破壊工作はまだ終わっていないどころか、序の口でしかなかったのです…。

32話

ジウォンやヘジュへの復讐にいそしむソルでしたが・・。死んだ娘に関して不思議なことが起き、彼女は疑心暗鬼になります。なんと、娘の遺骨がどこかへ消えてしまったというのです!自然に消滅するはずはないので、誰かが持ち去ったとしか考えられません。それにしても誰がそんなことを・・と、ソルは頭を巡らして考えます。とりあえず関係者に話しを聞いたソルでしたが、どうも腑に落ちません。

なぜなら、娘の骨は壺にはなく散骨されたという話だったからです。散骨されたなんて・・そんな話は聞いたことがない・・絶対におかしい!と。こうした中、ソルは一つの可能性を胸に抱きます。それは娘が実は死んでおらず、今でもどこかで生きている!ということです。証拠はありませんでしたが、ソルはその可能性もあると考えました。もちろん、希望的観測の部分もありましたが・・。

一方、ドチは何度もソルに連絡を入れますが、応答がないことを心配していました。最近は音信不通という感じだな・・何かあったのだろうか・・と。ムヨルもソルのことを考えていましたが、こちらは半ばストーカー状態です。もはやヘジュのことは眼中になく、ソルを第一にしていました…。

33話

ボラは死んでなどいない・・むしろ今でもどこかで生きている!ソルのこの思いは日増しに強くなっていきました。そして娘の調査を進めれば進めるほど、生存の可能性が高くなっていくのでした。その中でもとりわけ有力だったのは、園長の証言です。その証言から分かったのは、ボラが少なくとも生まれてすぐ死んではいないということでした。

幼稚園に通っていたなら、その間は生きていたことになる・・と。ところが、ソルの淡い期待はすぐに消失してしまいます。なぜなら証言をした園長は、実はアルツハイマーだったことが分かったからです。つまり、何を語ってもその言葉を鵜呑みにはできないということです。もちろん決定的な証拠にすることもできません。とはいえ、生存の可能性が消えたわけでもありませんでした。

園長の証言が信頼できないというだけで、ボラの死が立証されたわけではないからです。一方、ドチはソルへの思いを膨らましていき、君の力になりたいと話します。そしてソルは真剣な眼差しのドチを見て、心を揺らすのでした。しかしその間も、ソルのジウォンやヘジュに対する復讐作戦は実行されていきました。私から幸せを奪ったあの二人だけは、絶対に許さないわ・・と…。

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 28話~30話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 34話~36話

★ 韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ 全話一覧