スポンサーリンク

韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-96話から100話-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-96話~100話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありでレディの品格をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【韓国ドラマ レディの品格 概要】

キャリアウーマンの妻に代わって育児をする育メン夫の姿を描いたハートフルコメディ。
出演はホン・ウニ、パク・コニョン、オ・ジョンヨン、シン・ウンジョンほか。

【韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 96話~100話】

96話

スランが入院することになり、イェウンは今後のことを考え始めます。一番念頭にあったのはお金のことですが、そのことで彼女はジェミンに相談します。名義がスランになっていた口座があったけど、それをオ本部長に貸していたと・・。それに対してジェミンは、よりにもよってなぜオ本部長に!と、顔をゆがめます。一方、ジェミンはもう少し楽観的に考えていました。

彼女はオ本部長への対応について、相手にする必要はないと話します。そのままにしておけばいい・・下手に関わらないほうがいいと・・。ヒョッキはせっせと育児を頑張っていましたが、ダウンママのことが気になってしょうがありません。彼女は以前、ヒョッキに解雇された看護師でしたが、ジェミンの育児部屋を利用していたのです。これはどうしたものか・・とりあえずジョンヒョンには知られないようにしなければ・・。

ヒョッキは誰も何も言ってないのに、一人で焦りを募らせていきます。一方、ミソはガラムを保育園に預けたいと思っていましたが、なかなか引き受け手が見つかりません。新ブランドに対する注文は順調に増えていき、迷子探しの企画もどんどん話題になっていきます。こういう中でイルモクもジェミンも絶好調の日々を送りますが…。

97話

ジェミンたちの活動が話題を呼ぶ中、会社ではジェミンの勝手な行動が問題視されていました。迷子キャンペーンも新ブランドも素晴らしい、だが、彼が独断で行っていることはどうなのか?と。本来はわざわざ取り上げるほどでもないテーマでしたが・・。ジェミンを陥れたいオ本部長は、好んでこの問題に執着していきます。そして徹底的にジェミンの責任を追及し、彼を会社から追い出そうとするのでした。

ついに会社で懲戒委員会が開かれることになり、そこでジェミンに対する処分が話し合われます。さらにその結果は正式に告知され、社内に広められていくのでした。ジェミンはこの問題だけでも大変なのに、これに加えてチェ代理からも苦しめられます。チェ代理は有給を取って仕事を休んでいたのですが・・。

いろいろとストレスが溜まって、それをジェミンたちにぶつけるようになっていたのです。まったく迷惑としかいいようのない話ですが、ジェミンとイェウンはそれを忍耐して受け止めます。一方、スランは入院していましたが、いつもヘスンが来てくれるので安心です。そしてそこへイェウンとミノもやって来ますが、ヘスンがイェウンをからかってミノを激怒させます…。

98話

育児と迷子のために多大な貢献をしてきたジェミンでしたが・・。会社ではなぜかそれが評価されず、あまりにも独断的だと揶揄されてしまいます。揶揄されるだけならまだしも、処分の対象となり、懲戒委員会が開かれるのでした。そしてジェミンはまるで犯罪者のように扱われ、1年にわたる減俸処分が下されます。これに対してジェミンは強く反発し、オ本部長に刃向かおうとします。

しかしミソはオ本部長の恐ろしさを考え、ジェミンを抑えようとします。大人しくしていればいずれ状況は好転する・・と、彼女はそう考えたようでした。しかし、ジェミンはそれを快しとしませんでした。彼は自分の正義を貫くことが大事だと考え、オ本部長について調べ始めます。そして彼が不正を行った証拠を集めていき、逆に自分が告発できるようにしていくのでした。

そんな必死の執念を見せるジェミンに対して、さすがのミソも何も言えなくなります・・。一方、イェウンは遠巻きにその様子を見ながら、一人で自責の念に駆られていました。タウンのママはずっと育児部屋を利用していましたが、ヒョッキがいるのを見てから来なくなります。ジョンヒョンはそのこと気にして話しを聞きますが…。

99話

ミソはジェミンが自分に嘘をついていたことを知り、頭に血が上りました。そして冷静さを失ってしまい、家を出て行ってしまうのでした・・。久しぶりの衝撃的な家出・・それは思わぬ形で生じてしまいました。とはいえ、彼女にはどこにも行くところがありません。とりあえずスランの家に行ってみましたが、そこではヘスンとスランが言い争いをしています。

いつも和やかに話している二人ですが、このときはお互い腹に据えかねるものがあったようです。一方、ミソの家では、ミソが家出をする原因を作ったジェミンのことを、パングルが責めていました。お父さんがお母さんにひどいことを言うから・・だからこんなことに・・と。こうして夫婦、親子の間に亀裂が入り、幸せだった家族に暗雲が立ちこめていきます。

さらに悪い流れは他の家庭にも伝染していき、ヒョッキとジョンヒョンの仲も悪くなります。こちらはダウンのママのことが原因でしたが、解決の糸口は見えていません。イェウンは自分のことをジェミンに告白しようとしていましたが・・。そのとき、イルモクのもとに迷子に関わるある情報が寄せられます!そしてジェミンはチェ代理に対して、協力する条件として育児休暇の取得を要求します…。

100話

オ本部長とのことで追いつめられたイェウンは、迷わずにミソを頼ります。そしてこれまでの事情を全て打ち明け、スラン名義の口座の話しもします。いざというときに頼れるのが本当の親友・・その親友がイェウンにとってはミソだったのです。さらに彼女は感極まって、ミソのことをお姉さんと呼ぶのでした。一方、ミソは全力で自分にぶつかってきてくれたイェウンのことを、温かく迎え入れます。

そして新しくできた妹と一緒に協力して、オ本部長の問題に立ち向かっていきます。一方、スランの口座の問題は、ミソとジェミンに多大な被害をもたらす可能性がありました。そこでイルモクとイェウンは二人を心配し、できる限りのことをして二人を守ろうとします。すっかり育児マニアになったヒョッキは、看護師たちに大胆な提案を行います。

それは、元気な赤ちゃんを産み、それを育てるために休暇を取るということです。彼はその要求がママからなされるのではなく、病院側から勧めていくことが大事だと思ったのです。そして提案した内容はどれも素晴らしいものばかりです・・ただ・・ヒョッキは力んでいました。一方、ジェミンはチェ代理に対して怒りをぶつけるのではなく、優しく接することを心がけていました…。

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 91話~95話
★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 101話~105話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 全話一覧