スポンサーリンク

韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-61話から65話-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-61話~65話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありでレディの品格をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【韓国ドラマ レディの品格 概要】

キャリアウーマンの妻に代わって育児をする育メン夫の姿を描いたハートフルコメディ。
出演はホン・ウニ、パク・コニョン、オ・ジョンヨン、シン・ウンジョンほか。

【韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 61話~65話】

61話

ミソだけでなくイェウンまで体調が悪くなり、スランは大忙しの状態でした。最初はミソを心配して病院に連れて行こうとしましたが・・。その途中で具合の悪そうなイェウンに遭遇し、彼女は今度、イェウンのことを心配します。そしてその結果、ミソは一人で病院に行く羽目になるのでした。もちろんそんなことで愚痴るようなミソではありませんが・・。

一方、イェウンはスランがまだ自分を見捨ててなかったことが分かり、安心していました。そしてそれに伴って、具合の悪さも良くなっていきます。ミソは病院で診察を受けますが、そこへヘスンが駆けつけてきます。そして彼女は弱ったミソの姿を見て悲しくなり、人目も憚らずに泣くのでした。こういうときこそ笑顔で励ますべきでしたが、ヘスンは空気が読めません。

こうしてミソは病気で仕事を休みますが、イェウンはすぐに回復して元気に出社します。そして彼女は、ジュンマレラのオフラインサービスに注目します・・。一方、イルモクはヒョッキについて、彼は父親として変わらなければならないと考えます。そこで自ら先生となって、ヒョッキに子供の遊ばせ方を教えるのでした。ヒョッキにも父親として成長してもらいたい・・そういう思いがあったのです…。

62話

ミソはずっと兄弟が欲しいと思っていましたが、ついにその夢が叶います。なんと・・母親のイェウンが子供を妊娠したのです!そのことを知ったミノは大喜び、父親のイルモクと一緒に感動に浸ります。しかし、イェウンの気持ちは決して爽やかではありませんでした。彼女はミノが妊娠したことをジェミンに話したと知って、ミノに対して怒ります。

なんでこんな大事なことを人に話すの?そういうことしちゃだめでしょ!と。ミノは別に何も悪いことはしていませんが、イェウンの気持ちもよく理解できました。一方、ミソは相変わらず体調が悪く、自分で料理を作ることができずにいました。そこでジェミン母のヘスンが大活躍し、ミソのためにおかゆを作ります。そしてミソはそれを一口食べたとき、あることに気が付きます。

あれ・・この味どこかで・・そうだ!スランの味にとてもよく似ている!と。なんで?どうしてスランの味に似てるの?と、ミソはヘスンに尋ねますが・・。一方、ジェミンはヘスンに感謝しながらも、料理について一つ苦言を呈します。それは、ガラムにおかゆを出すときは、絶対に卵を入れないでほしいということです。なぜこう言ったかというと、ガラムにはアレルギーがあったからです…。

63話

ヒョッキはウンソルとの距離を縮めるため、あらゆる努力を行いました。ジェミンからは遊び方まで習い、それを実践してもいました。しかし、その成果がなかなか上がらず、ヒョッキは挫折しそうになります。やっぱりウンソルの心を開くのは無理じゃないか・・俺は父親として失格じゃないのか・・と。結果がついてこないと、どうしてもネガティブな発想になってしまいます。

しかし、ヒョッキは忍耐しながら続けていくことの重要性を覚えるべきでした。一方、頑張ってるのに評価されないことについては、ヘスンもまったく同じでした。彼女も必死に孫たちの面倒を見ていましたが、パングルが怪我をしてしまうなど悪いことが起き・・。そのことでジェミンに怒られるなどして、ショックの色を隠せません。

一生懸命にやってるのに、どうして上手くいかないんだろう・・と。イルモクは相変わらずジャシストーリーを続けていましたが、それを見たジョンヒョンはピンときます。このブログの運営者ってもしかして・・イルモクなんじゃないかしら!と。まさにご名答というほかなく、ジャシストーリーの正体はまさしくイルモクでした。少し気づくのが遅いぐらいでしたが…。

64話

ちょっと怒られたぐらいで何を大げさなことを・・。ジェミンはそんなことを思いながら、ヘスンの話した言葉に困惑していました。実は、子供たちのことでジェミンがヘスンに文句を言ったところ・・。ヘスンは大きなショックを受けて、ジェミンと縁を切るといったのです。私は私なりに一生懸命に子供の面倒を見たのに、叱られてばかりでもうやってられないと。だから親子の縁を切るというわけですが、ジェミンからすると訳がわかりません。

しかしヘスンとしては本気のようで・・笑い飛ばすわけにもいきません。こうしてヘスンはひとまず自分の家へ戻っていきます。ちょっと時間を置けばクールダウンして、血が上った頭も冷静になってくるはず。ジェミンはそう思いましたが、でも心配になって、自ら母親の家を訪れます。しかしそこにヘスンの姿はなく、どこかに去った後でした。

一方、ヒョッキはウンソクにとっていい父親になるため、いろんな努力をしていました。ジョンヒョンもそれを側面から援護し、ヒョッキにパパテストを受けるよう勧めます。ところがその結果は、残念なことに0点でした。そして父親の資格ゼロの判定を受けたヒョッキは、深く、長く落ち込むのでした…。

65話

イェウンは会社に妊娠したことを伝えますが、同時に休職はしないことを公言します。育児休暇を申請したら、その間にいろんなことが変わって、仕事についていけなくなる。彼女はそういう状況になることを恐れていました。ところが、イェウンの気持ちに反して、クォン次長は退職してはどうかとプレッシャーをかけます。退職ですって?冗談じゃないわ!と、イェウンは怒りが込み上げてきますが・・。

その怒りをぐっとこらえて、冷静な態度をキープしながら、改めて退職はしないと話します。しかしそれでもなお、クォン次長は退職する方向へと誘導するのでした。一方、オ本部長はジェミンを辞めさせたいと思っていましたが、ジェミンはその隙を与えてしまいます。それは、新しい企画を提案することができずにいたことです。

彼の立場ではそうすることが仕事でしたが、それができないとなると、無能のレッテルを貼られることになります。そしてそのことは、オ本部長がジェミンをクビにする理由にもなります・・。一方、妊娠や退職のことだけでなく、イェウンはジョンヒョンのことでも頭を痛めていました。なぜなら、ジョンヒョンがジャシストーリーの正体に気づき始めていたからです…。

★韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 56話~60話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 66話~70話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 全話一覧