スポンサーリンク

韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-16話から20話-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-16話~20話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありでレディの品格をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【韓国ドラマ レディの品格 概要】

キャリアウーマンの妻に代わって育児をする育メン夫の姿を描いたハートフルコメディ。
出演はホン・ウニ、パク・コニョン、オ・ジョンヨン、シン・ウンジョンほか。

【韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 16話~20話】

16話

ウンソルの傘を壊したのは誰か・・ジョンヒョンはそれがミノであることを突き止めます。しかしそれに対してイェウンは、根拠のない言いがかりだと言って非難します。うちの子が傘なんか壊すわけないでしょ、まったく冗談もほどほどにしてよ!と。一方、ジョンヒョンは学校でジェミンと再会して、秘かに胸を躍らせていました。そしてジェミンのほうも、まんざらではない様子で・・。

イェウンは傘の件で一歩も譲らず、ミノが犯人ではないことを強引に証明します。それは何の証しにもなっていませんでしたが、彼女の強い発言力に押し切られてしまったのです。こうして逆にジョンヒョンが不利な立場に立たされ、ついにイェウンに謝罪する羽目に!ジェミンは快く許してくれましたが、イェウンは最後まで強圧的な態度を崩しませんでした・・。

一方、ヒョッキはジョンヒョンがイェウンに謝罪したことを聞いて、激怒します。なんで謝る必要があるんだ!よく考えろ!こっちは何も悪くないんだから!と。しかしここで初めて、ジョンヒョンがヒョッキに対して反抗します。ずっと奴隷のように何事にもイエスマンだった彼女が・・ついにヒョッキに反旗を翻したのです。ヒョッキはこれに驚きますが、同時にジョンヒョンに疑念を抱きます…。

17話

パングルの学校でジェミンと再会して以来、ジョンヒョンはずっと自分の人生を考えていました。どこでどんな風に自分は道を誤ったのだろう・・それはきっとヒョッキと結婚したときね・・と。そう、彼女はヒョッキとの結婚が間違いだったことを、ジェミンを通して知ったのです。それは久しぶりにジェミンに会って、彼の優しさや純朴さに触れたからです。

彼女はヒョッキからそうしたものを得たことはありません・・。それだけに、ジョンヒョンはジェミンのことが恋しくて仕方ありません。もう一度、彼とやり直すことができたら・・そんな思いも脳裏をよぎります。しかし、それだけは絶対に叶わないことでした。なぜなら・・ジェミンにはミソという奥さんがちゃんといるからです。

その頃、ミソは子供たちを招いてパーティーを開くことに成功していました。これが実現した背景には、ウン課長とサングのママの存在と影響力がありました。ミソはまずウン課長の協力を取り付けることに成功し、その後、サングのママと仲良くなることができたのです。ところがパーティーのことがイェウンにも知られてしまい、新たな危険を招いてしまいます…。

18話

ミソがイェウンに怒りをぶつけたことは、あまりにも当然のことでした。なぜなら、彼女が一生懸命に用意した子供達のためのパーティーを、イェウンは台無しにしたからです。これで怒らなかったら、それこそ不自然というものでした。しかしイェウンに怒りをぶつけるタイミングについては・・最悪としかいいようがありませんでした。

なぜならミソはよりにもよって、スランが見ているところでイェウンに怒ってしまったからです。こうなると、今度はスランがミソに対して怒りをぶつけてくるのです。私の娘が何したっていうの?変な言いがかりはやめてちょうだい!と。スランにとってイェウンは大事な娘ですから、それを庇わないわけがありません。そういうわけで、ミソがとった行動はタイミングの点で失敗しました。

一方、イルモクはスランとは違って公平に物事を見ていました。そしてパーティーを邪魔したことはイェウンが悪いと判断し、彼女に謝罪するよう勧めます。君はミソに対してちゃんと謝罪するべきだ、それが人の道というものだ・・と。しかしこれに対してミソは、自分はミソが大嫌いだから謝罪なんかしないと言います。逆にイェウンはイルモクが仕事を始めたことを知って、そのことを追求するのでした…。

19話

パーティーの件でイェウンがミソに非難されたとき、それを守ったのはスランでした。その勢いはすさまじく、ミソはそれに圧倒されてしまい、それ以上の追及ができなかったのでした。いわばイェウンにとってスランは恩人であり、彼女のことを大事にすべきでした。ところがイェウンはこの恩をさっさと忘れて、スランに厳しい言葉を浴びせます。

もう二度と会いたくもない・・家にも来ないでちょうだい!と。こう言われたスランはショックを受け、一人、家の前で涙を流すのでした・・。一方、ジョンヒョンはヒョッキに対して徐々に強くなっていきました。これまでは従順に命令を聞くだけでしたが、今では何か言われればそれに対して反論しています。あるとき、ウンソルがパングルの家に遊びに行ったときのこと・・。

ヒョッキはそのことを問題にしてジョンヒョンに文句を言いましたが、ジョンヒョンは怯みませんでした。それどころか鋭い目つきでヒョッキを睨みつけ、離婚を我慢しているのはウンソルのためだ!と言ったのです。これにはさすがのヒョッキも閉口するしかありませんでした・・。やはりジョンヒョンはジェミンと再会して以来、明らかに強くなっていました…。

20話

ヒョッキとジョンヒョンの立場は完全に逆転していました。これまではヒョッキが皇帝でジョンヒョンが奴隷のようにしていましたが・・。その関係性がひっくりがえってしまったのです。私はいつでも離婚していいわよ、別にあなたには未練なんかないし。これがジョンヒョンの立場ですが、ヒョッキはそうではありません。彼はこれからもずっと妻を繋ぎ止めておきたいと考えていて、離婚する気もありません。

こうした状況の中、ヒョッキはジョンヒョンの機嫌を取ることに躍起になります。しかし、彼女のことを知れば知るほど怒りが沸いてくるのでした。とくにジョンヒョンがジュンマレラだったことは、ヒョッキを大いに激怒させました・・。一方、ジェミンが師匠とまで呼ぶイルモクは、ジェミンに影響されてある決断をします。

それはブロガーを続けながら家庭の仕事を引き受けることです。それも少しだけ手伝うというレベルではなく、専業主夫になるというのです。しかしこれを知ったイェウンは不快になり、思い直してほしいと話します。一方、ジェミンはイルモクに教えてもらいながら、順調に専業主夫をこなしていました。最初は大変な毎日でしたが、今ではすっかり楽しんでいるようです…。

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 10話~15話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 21話~15話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 全話一覧