スポンサーリンク

韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-111から115話-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-111話~115話-ネタバレ
最終回まで一気読み!ネタバレありでレディの品格をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介!

【韓国ドラマ レディの品格 概要】

キャリアウーマンの妻に代わって育児をする育メン夫の姿を描いたハートフルコメディ。
出演はホン・ウニ、パク・コニョン、オ・ジョンヨン、シン・ウンジョンほか。

【韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 111話~115話】

111話

イェウンは自ら内部告発を行い、フンボクを訴えようと思っていました。ところが追求を恐れたフンボクが自ら会社を辞めてしまい、イェウンは拍子抜けします。これならもういいや・・と、彼女は内部告発をキャンセルします。一方、ジェミンはさらに勢いを増しながら、社内託児所計画を進めていました。日を追うごとに支持者は増えていき、熱気が高まっていったのです。

そしてそれと同時に、これまで会社がいかに福祉に力を入れてこなかったかが、浮き彫りにされます。とはいえまだまだ志は道半ば、実現のためには多くの課題が残っています。ジェミンはそうしたところを相談するため、経営本部長のもとを訪れました。一方、計画を支持するママたちの間では、ある問題で意見が真っ二つに別れていました。

それは共同保育所に乳児を受け入れるかどうか・・というものです。これは全会一致で認められると思われましたが、意外なことに反対派も多かったのです。一方、ウンソルにフラれて落胆していたミノでしたが、再び元気を取り戻します。その理由は、実はウンソルが自分のことを意識していたことが分かったからです。ただし、ウンソルの気持ちを勝手に漏らしたヒョッキは、ウンソクに嫌われてしまいます…。

112話

ジェミンはオ本部長が全ての黒幕であることを分かっていました。そしてヘスンから話しを聞き、彼が行ってきた悪事についても把握しています。そこで彼はイェウンと話し合い、ついにオ本部長を内部告発します。いろんな圧力が降りかかってくることを恐れず、自分達の上司を訴えたのです!これで全てが解決することを信じて・・。

一方、ウンソルが自分に気があることを知ったミノは、秘かに自身を取り戻します。そして指輪をウンソルにプレゼントしますが、なんとウンソルはミノの気持ちを拒否します。なんで・・僕にを意識してたはずなんじゃ・・と、ミノは混乱に陥ります。オ本部長は社内の不正についてSSグローバルが調査を行うと、ジェミンに話します。ところが経営本部長はジェミンの考えを支持し、社内に託児所を作る案を推進するのでした。

こうしてジェミンとイェウンの勇気ある告発により、オ本部長は追いつめられていきます。一方、共同保育所は新たな局面を迎えていました。運営自体はすこぶる順調でしたが、体制を固めるため委員長を決めることになったのです。そしてその投票にイルモクとヒョッキが名乗りを挙げます!果たして、どちらが運営委員長の職を預かることになるのか…。

113話

オ本部長はジェミンとミソに対抗するため、会社で懲戒委員会を開きます。これを受けてミソは怒りを抱きますが、ジェミンは余裕の表情を浮かべていました。なぜか・・それは、オ本部長がそれだけ動揺している証拠だと思ったからです。つまり、ジェミンは自分達のペースで物事が進んでいると考えたのです。彼の読みはまさしく的中しており、オ本部長は本当に焦っていました。

とにかくジェミンとミソの二人を会社から追い出すこと、そのことに全力を上げていたのです。一方、共同保育所では運営委員長の投票が終わり、ヒョッキが新しい幹事に就任しました。こうして重い責任を課せられたヒョッキでしたが、その顔はやる気にみなぎっていました。自分の力で少しでもこの保育所を活性化してみせる・・そんな意気込みです。

イェウンはスーパーでバイトを始めましたが、これは解雇させられた場合に備えるものでした。彼女はそのことをイェウンに話して、何も心配しないでほしいと説得します。一方、会社に辞表を提出したフンボクですが・・彼の母親がある病院に入院していました。スランとヘスンは二人で調査を行い、ついにその病院を探し当てます…。

114話

オ本部長はとある病院の病室にいましたが、そこへジェミンが現れます。するとオ本部長は不敵な笑みを浮かべますが、ジェミンにとってはまさかのまさかです。というのは、彼が病室を訪れたのはフンボクの母親に会うためだったからです。一方、会社ではかつてジェミンに反対していたチェ代理が、ジェミンのために頑張っていました。社内ではこれから託児所の紹介を行うところでしたが、それを行うためチェ代理が社員たちを説得していたのです。

会社全体に情報を行き渡らせて、皆に納得してもらってからプレゼンを行う。これがジェミンの真意でありましたし、物事の筋でもありました。一方、ウンソルに指輪を渡したのに断られたミノは、あれからずっと落ち込んでいました。何をするにもやる気が起こらず、将来の希望も夢もありません。そんな彼の様子を見守っていたパングルが心配し、母親のミソに相談します。

このままだとミノがおかしくなっちゃう・・なんとか助けてあげて!と。しかし、大人たちの世界でも大変な問題が巻き起こっていました。それは共同保育所でのことですが、出資金を巡ってトラブルが発生したのです。一方、ユ次長がフンボクから連絡を受けていた頃、フンボクの母親はヘスンとスランに会っていました…。

115話

フンボクから突然の電話をもらったユ次長は、彼をある場所に呼び出して話をします。オ本部長は懲戒委員会の準備を進めていましたが、ジェミンはそれを逆手に取ろうとします。そしてフンボクと話しをし、その場に出席してもらせないかとお願いするのでした・・。一方、ヒョッキはウンソルにショックな言葉をかけられ、落ち込んでいました。

私はパパよりミノのほうが好き・ただそれだけでしたが、この一言がヒョッキを地獄に突き落としたのです。娘に嫌いだと言われて生きる希望をなくしたヒョッキは、定番ですがやけ酒をします。そしてそのお酒に付き添ったのは、妻のジョンヒョンでした。一方、フンボクは信じられない光景を見て、頭を混乱させていました。

彼が見たのは、スランとヘスンがフンボクの母親を看病しているところでした。しかも通り一遍な方法ではなく、全身全霊をこめて一生懸命に行っているのです。ここまで見せつけられて、さすがのフンボクも心を動かされます。こうしていろいろなことがありながら時間は過ぎていき、ついに懲戒委員会の日を迎えます。果たして、ジェミンやミソたちの処分はどうなるのか・・!?…。

★韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 106話~101話

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ116話~120話(最終話)

★ 韓国ドラマ レディの品格 あらすじ 全話一覧