スポンサーリンク

韓国ドラマ-ボイス~112の奇跡~‐あらすじ‐13話‐最終話まで-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-主演 チャン・ヒョク、イ・ハナ-ボイス~112の奇跡~-13話-あらすじ-最終回まで-一気読み
最終回まで一気読み!ネタバレありで ボイス~112の奇跡~ をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ 概要】

妻を事件で失った、かつては腕利きだった刑事ジニョク(チャン・ヒョク)。
そんな彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)だった。
彼女を恨むジニョクだったが、常人には聞こえない音が聞こえるグォンジュの「絶対聴覚」のお陰で一人の少女を救い出すことに成功する。
そのことで彼女の力を信じるようになるジニョク。
そして実はグォンジュの父も、ジニョクの妻と同じ犯人に命を奪われていたのだ。

ふたりは「ゴールデンタイムチーム」のメンバーと協力し通報者を救いながら、愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出すが・・・

【韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 13話】

13話

ボランティア活動をしていた妻ジヘの裏の顔を示唆する情報をグォンジュから聞かされ、信じられないジニョク。
グォンジュもまた全てを信じている訳ではないが、自分たちを動揺させるためなら、真犯人は手段を選ばないから、冷静になるよう注意する。
そして留守中にグォンジュの部屋から父と撮った写真を盗んでいったことも話した。
ところが、ナム・サンテから「逃がしてくれたら、ウニョン洞の真犯人を教えるし、その証拠も渡す」という電話を受けたジニョクは、サンテの口から妻との思い出のペンションの名前が出ると、グォンジュが止めるのも聞かず飛び出していく。
グォンジュはデシクに電話で応援を頼み、自分もペンションに向かう。

ペンションでジニョクを待つサンテの前に現れたのはテグだった。
ひと足遅れてペンションに到着したジニョク。だがサンテはいない。
妻ジヘの声が聞こえ、妻の裏の顔を示すような資料が置いてあった。
そして、木に吊るされているサンテを発見する。直後、グォンジュとデシクが到着。

その頃、モ会長は テグの部屋で死体を見つけ、サンテからの忠告を思い出していた。

サンテは、左手で腹を切った後に首を吊ったということで、自殺と処理されることに。
モ会長はペ庁長に会って、ゴールデンタイムチームがサンテを追い込んで自殺させたと、圧力をかける。

グォンジュは現場に残されたジヘの音声に違和感を覚える。
一方、ジニョクはサンテの右腕チュンベから、サンテが左手を使わないこと、ソンウン通運のモ・ギボム会長親子と特別な関係だったことを聞く。
チャン刑事は、庁内にまだスパイがいるかもしれないとジニョクに注意を促す。

一方グォンジュは、ソンウン通運のパク運転手から コン・チョルファンのことを聞き、ジニョクにも知らせる。その話とはこうだ。
パク運転手とコンは施設で親しくしていた。
コンは福祉士のジヘに好意を寄せていた。
そんなある日、就職させると言われてGP開発に連れて行かれ、パクは運転士に。
コンはナム・サンテに気に入られ、社長に仕えることに。
仕事の内容はボディーガードか運動の相手のようで、その社長はサンテではなく、彼が“代表”と呼ぶ相手だったと。
さらにグォンジュは、ペンションに残されたジヘの音声が継ぎはぎされたものだとジニョクに教え、再生した元の音声を聞かせる。
2人は、真犯人にジヘが濡れ衣を着せられて殺害されたのだと確信する。

ペ庁長は ゴールデンタイムチームの解散を発表し、ジニョクとグォンジュは抗議するためにペ庁長の室へ…。

韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 14話

韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 全話一覧