スポンサーリンク

韓国ドラマ-ボイス~112の奇跡~‐あらすじ‐1話‐最終話まで-一気読み


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-主演 チャン・ヒョク、イ・ハナ-ボイス~112の奇跡~-1話-あらすじ-最終回まで-一気読み
最終回まで一気読み!ネタバレありで ボイス~112の奇跡~ をあらすじ紹介!

【韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ 概要】

妻を事件で失った、かつては腕利きだった刑事ジニョク(チャン・ヒョク)。
そんな彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ(イ・ハナ)だった。
彼女を恨むジニョクだったが、常人には聞こえない音が聞こえるグォンジュの「絶対聴覚」のお陰で一人の少女を救い出すことに成功する。
そのことで彼女の力を信じるようになるジニョク。
そして実はグォンジュの父も、ジニョクの妻と同じ犯人に命を奪われていたのだ。

ふたりは「ゴールデンタイムチーム」のメンバーと協力し通報者を救いながら、愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出すが・・・

【韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 1話】

1話

2014年11月25日夜、強力犯チームのスター刑事ム・ジニョクの妻ホ・ジヘが殺害される。
ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から緊急通報センターに通報があったが、その際にセンターの不手際により殺害されたと、マスコミが騒ぎ立て、事件に関わった警官の懲罰とセンター長の辞任を発表。

捜査の結果浮かび上がった容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。
ジヘ本人から通報を受けたセンター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルの声が通報センターに入った電話から聞こえた声と違うといい、彼が犯人ではないと証言する。
さらに、警官で殉職した自分の父親も真の犯人に葬られたと言い出す。
殉職した父を殺害した犯人と3分にわたって無線でやり取りし、犯人は20代後半から30代半ばくらいの男性で、低い声で顎からカチカチと微細な音が漏れていたといい、あくまでも犯人は別にいると証言。
しかし、問題の3分間の音声がない。傍聴席にいたジニョクが騒ぎ出し、裁判は中断され、事件は未済事件となる。

3年の月日が過ぎる…。
聞こえない音を聞き分ける能力のあるカン・グォンジュは、3年間の米国留学を終え帰国し、緊急通報センターに就任。
一方、妻を亡くして以降無気力になったム・ジニョクは、巡査長に降格。
彼女がコ容疑者から金をもらって留学したと信じるジニョクは、センターに乗り込むが、その時、若い女性から拉致被害に遭ったとの通報電話が入る。
冷静に対応するグォンジュはジニョクに出動命令を下す。
命令に従うこと拒否するジニョクだったが、通報電話の声を聞き命令に従う。
被害者と電話でつながるグォンジュと現地に向かうジニョクとの被害者救出劇が始まる!

★ 韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 2話

★ 韓国ドラマ ボイス~112の奇跡~ あらすじ 全話一覧