スポンサーリンク

韓国ドラマ-トッケビ-あらすじ-5話-ネタバレ-主演 コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク


韓国ドラマのあらすじ!ネタバレ!キャスト!一気読み!
韓国ドラマ-トッケビ-あらすじ-5話-ネタバレ-主演 コン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク
最終回まで一気読み!ネタバレありで「トッケビ」をあらすじ紹介!
キャストと相関図も紹介します!

【韓国 トッケビ ストーリー】

高麗時代の将軍であったキム・シン。しかし、その時の王であるワン・ヨは嫉妬と周りを信じられず
キム・シンを殺害してしまう。キム・シンは神により鬼<トッケビ>となった。
鬼<トッケビ>は900年生き、現代。
鬼<トッケビ>は命を終わらせるには花嫁を見つける必要があった。
ある日、心が弱くある母娘を助ける。その時のお腹の中にいたのがチ・ウンタクだった。
この日を境にウンタクは首筋に痣が出来、鬼<トッケビ>の花嫁となる。

ウンタクが高校生になり、鬼<トッケビ>とウンタクは出会う。
ウンタクは死神にも出会い、奇妙なことに3人で暮らし始める事になる。

【韓国 トッケビ あらすじ】

韓国ドラマ トッケビ 5話

車の中で無言のままのトッケビとウンタク。
ウンタクはホテルまでの道も覚えたから降ろしてくださいと言った。トッケビはそうしろと言いウンタクは車から降りた。
家に帰ったトッケビはウンタクの事を考えていた。と同時に胸が痛くなり、神の声を思い出した。

ウンタクは帰りながらラジオを聴いていた。その時、ラジオからキーンと音が鳴る。幽霊が近くにいるのだ。
そして、幽霊がいた。ウンタクは避けようとするが、目の前に現れウンタクはこんなことされたら怖いから普通に話しかけてくださいと言った。
幽霊はごめんねと謝り、私のアパートの冷蔵庫に食べ物を入れてほしい。母親はまだアパートに来ていなくて冷蔵庫が空っぽだと胸を痛めるからと。
ウンタクはお金がないといい諦めかけたが、方法があると言った。そして、冷蔵庫に食べ物などを入れてあげて、机の上やベットを整えた。
幽霊はありがとうと言い死神のお茶を飲もうとしていた。死神はこの世はお疲れさまでした。来世へと言った。

サニーは死神を待っていた。そして、そこに死神が現れた。
そして、サニーは電話を待っていたというと、死神は今すぐ帰ってかけますと言い、サニーはこうして会えたのに?と聞くと、
死神は会えてうれしかったです。と答えた。サニーは呆れて、電話よりコーヒーはいかがですか?と言った。
2人はカフェにいた。2人は話す事もなく死神はずっとコーヒーを飲んで1時間がたっていた。
サニーが話始めたが、死神は質問にきちんと答えていた。サニーは正直に答えてください。と言い、私の名前忘れてるでしょうと聞くと
死神は笑ってソンヒですと答える。サニーですと言い返し、笑っておかしな人ですねと言った。死神は笑ったソニーを見つめてしまう。
車の中で無言のままのトッケビとウンタク。
ウンタクはホテルまでの道も覚えたから降ろしてくださいと言った。トッケビはそうしろと言いウンタクは車から降りた。
家に帰ったトッケビはウンタクの事を考えていた。と同時に胸が痛くなり、神の声を思い出した。

ウンタクは帰りながらラジオを聴いていた。その時、ラジオからキーンと音が鳴る。幽霊が近くにいるのだ。
そして、幽霊がいた。ウンタクは避けようとするが、目の前に現れウンタクはこんなことされたら怖いから普通に話しかけてくださいと言った。
幽霊はごめんねと謝り、私のアパートの冷蔵庫に食べ物を入れてほしい。母親はまだアパートに来ていなくて冷蔵庫が空っぽだと胸を痛めるからと。
ウンタクはお金がないといい諦めかけたが、方法があると言った。そして、冷蔵庫に食べ物などを入れてあげて、机の上やベットを整えた。
幽霊はありがとうと言い死神のお茶を飲もうとしていた。死神はこの世はお疲れさまでした。来世へと言った。

サニーは死神を待っていた。そして、そこに死神が現れた。
そして、サニーは電話を待っていたというと、死神は今すぐ帰ってかけますと言い、サニーはこうして会えたのに?と聞くと、
死神は会えてうれしかったです。と答えた。サニーは呆れて、電話よりコーヒーはいかがですか?と言った。
2人はカフェにいた。2人は話す事もなく死神はずっとコーヒーを飲んで1時間がたっていた。
サニーが話始めたが、死神は質問にきちんと答えていた。サニーは正直に答えてください。と言い、私の名前忘れてるでしょうと聞くと
死神は笑ってソンヒですと答える。サニーですと言い返し、笑っておかしな人ですねと言った。死神は笑ったソニーを見つめてしまう。
声に出してなくても死神にも聞こえていた。死神は死ぬのか?と聞くとトッケビは初雪が降る前にと答えた。
ウンタクはろうそくに火を点けていた。そこにトッケビがやってくる。
トッケビはウンタクが点けたろうそくを全部消し、願い事をするな。ずっとそばにいるから。私の家に行こう。と言った。
ウンタクは私の事愛しているんですかと聞くと、その必要があるならそうしよう。愛してるとトッケビは答えた。

雨が降っていた。

車の中でウンタクはトッケビに名前を聞いた。ウンタクは婚姻より遠くて同居よりは近い曖昧な関係だとしても鬼の花嫁だから名前ぐらいは知っておくべきと言った。
続いて“私達”にもなっていないと言った。
トッケビはウンタクが生まれる前から始まっているんだ。私達は。ある時はユ・ジョンシン、ある時はユ・ジェシン、現在はユ・シンジェ。本当の名前は
キム・シン。と言ってウンタクの方を見た。
家に着いた2人、ちょうど死神がゴミ出しをしていた。そして、死神はトッケビが言っていたことを思い出し中に入ろうとするが、
トッケビも死神もドアのパスワードを知らなかった。ウンタクは遊園地の幽霊屋敷に入る直前みたいだと話していると2人がいなくなっていた。
中に入り中からドアを開けた。そこにトクファもいて暗証番号は“1004”と聞いた。

トッケビと死神はウンタクの部屋の模様の言い合いをしていた。バロック風…パステルトーンのテイベットがいい…など。
ウンタクは全部いいです。といい今日はどこで寝たらいいですかと聞き、結局、トッケビと死神が同じ部屋で寝る事になった。
トッケビの部屋に入ったウンタクは漢字で書いてあるノートを見た。内容は分からなかった。
その内容は異国の地でも戦争が尽きない。刀や矢で土地を奪い、穀物を奪い、命を奪う。異国の地の神も、高麗の神も同じだ。共に高麗を去った幼い孫の孫の孫を葬った。
私は小さな部屋の隅に置いてある椅子で何日も過ごした。私の遺書は死を前に残す言葉ではない。神よ、私の遺書はあなたに死を願う嘆願書だ。この命が褒美だと
思った事もあるが結局は私の命は罰だった。誰の死も忘れていない。だから私は命を絶とうと思う。しかし、未だに神は聞いてくれない。
翌日、ウンタクは自分の事は自分でする。こういう家には家政婦さんがと言って振り返ると、トッケビと死神はナイフで遊んでいた。
ウンタクはそんな二人だから家政婦は雇えないですねと言うと2人はナイフを落とした。
そして、ウンタクが決めた事があります。
要請文1.雨をあまり降らせせない。2.不満があったら言葉で言ってください。3.用事があったら連絡をと神を冷蔵庫に貼って学校へ行った。
トッケビと死神は携帯を買ってトクファに教えてもらう。トッケビはいらないといい、トクファはとりあえずプレイストアに行きましょう。というと
トッケビが席を立ち上着を来た。死神も走って上着を取りに行く。

ウンタクの部屋が出来上がっていた。

トッケビとウンタクが500万の事で言い合っている時に死神がきた。
ウンタクは部屋に戻り、死神はトッケビに本当の名前はキム・シンというのかと聞くとそうだとトッケビが答えた。
死神は格好いいなと言った。

ウンタクはバイトから帰り死神と一緒にタオルを畳んだ。死神は赤いマフラーを渡した。
死神は9歳の頃にも見たと思うがと言うと、母の遺品ですとウンタクは答えた。
トッケビの事を無視して話す2人に口をはさむトッケビ。そこでトッケビとウンタクが言い合いになる。そして、トッケビは自分がお前の彼氏だと言ってしまった。
走って逃げる2人。

次の日、ウンタクとトッケビはカナダにある店に行った。
トッケビは、今まで29歳のウンタクの未来が見えなかったのに、見えてしまった。
そこにトッケビの姿はなかった。
「私の死の後、そこに座っているお前は、私が消えたお前の一生は、私を忘れて初めて完成するのか」

トッケビは結局私はその選択をしたのかと涙を流した。

韓国ドラマ トッケビ 6話

韓国ドラマ トッケビ 全話一覧