スポンサーリンク

韓国ドラマ シンイ-信義- あらすじ 全話をイッキ読み

【韓国ドラマ シンイ-信義- ストーリー】

第1話「天界の神医を探して」

 西暦1351年。高麗の王、恭愍王(コンミンワン)の一団は元から帰国する道中、刺客に襲われ、王妃が重傷を負う。侍医は神医以外に救える者はいないという侍医の診断を聞き、王の側近は神医がいる天界に通じる天門を見たことを話す。近衛隊隊長チェ・ヨンは王命を受け、天門に入っていくが、そこは2012年のソウルだった。神医を探す中、ヨンは整形外科医のウンスに出会う。

第2話「私を帰して!」

 ウンスを「天の医員」と思い込み、高麗へ連れて行くヨン。わけのわからぬウンスだが、王妃の命を助ければ元の場所に帰すとヨンに言われ、渋々王妃の傷の手当をする。現代から持ってきた道具を使って手術をし、王妃の命をとりとめたウンスに、王をはじめ皆が驚く。意識が戻るまでいてほしいと引き留められるウンスだが、どうにか帰ろうと必死で抜け出し・・・。

第3話「武士の約束」

 ウンスを探しに出たヨンだが、王がいる宿に刺客が向かったと知り、急いで戻る。無事に王を助け出し、王妃の意識も戻ったことを確認したヨンは、約束通りウンスを帰すため、刺客に監禁されていたウンスを救い出す。そして、彼女を天門へと連れて行くが、ウンスを帰してはならないという王命が下される。怒ったウンスに剣を向けられたヨン・・・。