スポンサーリンク

太陽を抱く月-あらすじ-7話~9話

太陽を抱く月-あらすじ-ネタバレ

太陽を抱く月-あらすじ-7話~9話を最終回まで配信!
キャストや相関図も話題で人気の韓国ドラマ!!
太陽を抱く月をネタバレであらすじをお届け!!

【太陽を抱く月-キャスト-相関図】
太陽を抱く月-相関図-キャスト

【太陽を抱く月-ストーリー】

王子イ・フォン(キム・スヒョン)は、あたたかく太陽のように輝き。少女ヨヌ(ハン・ガイン)は、太陽を優しく抱いている月のような女の子である。ふたりは運命のように結ばれて恋をするのだが、結婚を目前にヨヌが原因不明の重病に見舞われて最後を迎える。その裏には、朝廷の権力を巡って陰謀が…。

8年の歳月が過ぎ…
譲位を受けたイ・フォンは、若き王となった。8年前に亡くしたヨヌがいない事に悔やみきれず心をずっと閉ざすフォン。しかし、去ったはずのヨヌが、過去の記憶をリセットして、ミコ(巫女)となり本国で生きていた。再び、運命の歯車が動きだす…。

【韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ-7話~9話】

太陽を抱く月-あらすじ-7話

8年の月日が流れ、フォンがは成人し国王となっていた。

妃のボギョンは病弱だったため、それを理由にフォンは子供を作ることをしないでいた。

一方で、ヨヌは王の行列が来ることを知ると、ソルの制止をふりきり見に行くことに。

そこにフォンがやってくるが、ヨヌが見ていることには全く気づかないまま通り過ぎていく。

ヨヌはフォンを見たことがあるような気がしてきて、記憶の断片が蘇っていた。

その夜、フォンはウンと山道に出かけると迷ってしまう。

小屋を見つけそこで休むことに。

その小屋にはヨヌが住んでいたのだが、気づかないフォンはウォルと名付け帰って行き…

スポンサーリンク



太陽を抱く月-あらすじ-8話

フォンは体調を崩していた。

跡継ぎが欲しいユン氏は、フォンを健康にしようとノギョンを連れてこようと部下に命令するが、阻まれてしまう。

このままでは帰れないと思った部下達は、ノギョンの娘と言われているウォル(ヨヌ)を捕まえて連れて行こうとするのだった。

狭いかごの中に閉じ込められるウォルは、過去に棺に閉じ込められた苦しみを思い出していた。

なんとか脱出したウォルはヤンミョン君に出くわすが、記憶が無いウォルは気づかない。

ヨヌだと感じたヤンミョンはウォルを助けようとするが、ユン氏の部下に捕まってしまい…

太陽を抱く月-あらすじ-9話

目を覚ましたフォンの元に誰かがいる気配が。

そこには連れてこられたウォルがいた。

何故ここにいるのか執拗に聞くフォンに、ウォルは健康を回復するために来ただけだというが、信じないフォン。

騒ぎに駆けつけたデギルは、ウォルを罪人とし部屋に閉じ込めてしまうのだった。

フォンはウォルがユン氏の仲間ではないことを知ると、王の身代わり巫女として受け入れることに。

ウォルの存在を知ったボギョンは、なにか不吉な予感を感じ…

☆ 次のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-10話~12話

☆ 前のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-4話~6話

◇ 太陽を抱く月-あらすじ-全話一覧