スポンサーリンク

太陽を抱く月-あらすじ-4話~6話

太陽を抱く月-あらすじ-ネタバレ

太陽を抱く月-あらすじ-4話~6話を最終回まで配信!
キャストや相関図も話題で人気の韓国ドラマ!!
太陽を抱く月をネタバレであらすじをお届け!!

【太陽を抱く月-キャスト-相関図】
太陽を抱く月-相関図-キャスト

【太陽を抱く月-ストーリー】

王子イ・フォン(キム・スヒョン)は、あたたかく太陽のように輝き。少女ヨヌ(ハン・ガイン)は、太陽を優しく抱いている月のような女の子である。ふたりは運命のように結ばれて恋をするのだが、結婚を目前にヨヌが原因不明の重病に見舞われて最後を迎える。その裏には、朝廷の権力を巡って陰謀が…。

8年の歳月が過ぎ…
譲位を受けたイ・フォンは、若き王となった。8年前に亡くしたヨヌがいない事に悔やみきれず心をずっと閉ざすフォン。しかし、去ったはずのヨヌが、過去の記憶をリセットして、ミコ(巫女)となり本国で生きていた。再び、運命の歯車が動きだす…。

【韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ-4話~6話】

太陽を抱く月-あらすじ-4話

世子フォンの妃選びが本格的に始まった。

ユン氏はボギョンを世子殯(世子の正妻)にするために動き出す。

世子フォンはヨヌに世子殯選びが始まることを話し、かならずヨヌが世子殯になれると告げる。

そんな中、世子フォンはユン氏がボギョンを推している事を知ると、違法なことがないようにしてくれと成祖に頼むのだった。

一方で、ヤンミョン君は世子フォンとヨヌの気持ちを知ると、ヨヌの事をあきらめた。

そしてミナ公主はヨムが気に入ってしまい、王に結婚をさせて欲しいとわがままを言い出し…

スポンサーリンク



太陽を抱く月-あらすじ-5話

ヨヌは世子殯として選ばれ、世子殯としてふさわしくなるよう修行を始めていた。

厳しい修行に耐えるヨヌを、世子フォンは心配そうに見ていた。

その一方で、大妃ユン氏は世子殯にボギョンが選ばれ無かったことに腹を立て、ヨヌの命を奪おうと考える。

そして国巫チャン・ノギョンにヨヌを消すことを命じる。

悩んだ挙句やるしかない状況にされてしまったノギョンは、呪術を使いヨヌを謎の病におとしいれ…

太陽を抱く月-あらすじ-6話

ヨヌは病のため宮廷を追い出されてしまう。

様態は良くならないまま、ヨヌはついに亡くなってしまうのだった。

ショックを隠せない世子フォン。

ヤンミョン君はヨヌを守れなかった世子フォンを責め立てる。

その夜、世子フォンとヤンミョン君はヨヌを墓から掘り出そうとしていた。

仮死状態のまま棺に入れられていたヨヌは、なんと息を吹替していた。

だがヨヌの記憶はなくなってしまっていた。

その後、ボギョンがヨヌの代わりに世子殯になることに。

ユン氏の思惑通り勢力を拡大させていく中、世子フォンは成人しヨヌを心に秘めたまま国王となり…

☆ 次のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-7話~9話

☆ 前のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-1話~3話

◇ 太陽を抱く月-あらすじ-全話一覧