スポンサーリンク

太陽を抱く月-あらすじ-16話~18話

太陽を抱く月-あらすじ-ネタバレ

太陽を抱く月-あらすじ-16話~18話を最終回まで配信!
キャストや相関図も話題で人気の韓国ドラマ!!
太陽を抱く月をネタバレであらすじをお届け!!

【太陽を抱く月-キャスト-相関図】
太陽を抱く月-相関図-キャスト

【太陽を抱く月-ストーリー】

王子イ・フォン(キム・スヒョン)は、あたたかく太陽のように輝き。少女ヨヌ(ハン・ガイン)は、太陽を優しく抱いている月のような女の子である。ふたりは運命のように結ばれて恋をするのだが、結婚を目前にヨヌが原因不明の重病に見舞われて最後を迎える。その裏には、朝廷の権力を巡って陰謀が…。

8年の歳月が過ぎ…
譲位を受けたイ・フォンは、若き王となった。8年前に亡くしたヨヌがいない事に悔やみきれず心をずっと閉ざすフォン。しかし、去ったはずのヨヌが、過去の記憶をリセットして、ミコ(巫女)となり本国で生きていた。再び、運命の歯車が動きだす…。

【韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ-16話~18話】

太陽を抱く月-あらすじ-16話

ボギョンは、ウォルがヨヌと瓜二つであることに驚きを隠せない。

ヨヌはそんなボギョンを見て、何かあるのではないかと疑い始める。

そして、ヨヌは隠月閣で世子に思いを馳せるのだった。

ヨヌが窓を開けると、偶然フォンが居た。

しかし、ヨヌはフォンに自分の正体を明かさず去るのだった。

チャン氏は、活人署でヨヌを待ち構えていた。

ヨヌは、怒りと疑念からチャン氏を追い払おうとする。

しかし、チャン氏はヨヌを説得し、8年前の話をするのだった。

話を聞いて動揺するヨヌだったが・・・

スポンサーリンク



太陽を抱く月-あらすじ-17話

フォンは真実を知って、ヨヌのもとへ駆けつけた。

フォンがヨヌを強く抱きしめると、ヨヌは泣き出した。

そんな二人を見た、ヤンミョンは茫然とする。

すると、二人の前に刺客が現れ、ヨヌに襲い掛かった。

ウンとヤンミョンが刺客に応戦する中、ヤンミョンが怪我をしてしまう。

フォンは刺客を引き留め、ヤンミョンとヨヌを逃がした。

逃げたヤンミョンは、ヨヌとともに身を隠すのだった。

一方、デヒョンはヨヌ暗殺に失敗したことを知り、今度はノギョン暗殺を命令する。

デヒョンの刺客が星宿庁に向かうが、ノギョンは逃げた後だった。

フォンは、ヨヌを連れ去ったヤンミョンに腹を立てるが・・・

太陽を抱く月-あらすじ-18話

ヨヌを匿いながら、真実に近づいていくフォン。

ヨヌは真実を明らかにしない方がよいとフォンに言う。

真実を知って傷つくフォンを見たくないからだ。

しかし、フォンは、真実を明らかにして、ずっと苦しんできたヨヌを救いたいと思っていた。

フォンはギュテに、ミナ公主が世子嬪の死に関係していたことを知らされる。

やがてフォンは全てを知ることになる。

宮廷を訪れたミナは、内医院で懐妊を知らされ大喜び。

ミナは、フォンに懐妊を知らせようと、康寧殿を訪れた。

そこで、怒ったフォンに8年前の出来事問い詰められ、全てを暴露するのだった。

フォンはミナを処罰すると言うと、ミナは儀賓とお腹の子の命は手を出さないでと頼むが・・・

☆ 次のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-19~20話(最終回)

☆ 前のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-13~15話

◇ 太陽を抱く月-あらすじ-全話一覧