スポンサーリンク

太陽を抱く月-あらすじ-13話~15話

太陽を抱く月-あらすじ-ネタバレ

太陽を抱く月-あらすじ-13話~15話を最終回まで配信!
キャストや相関図も話題で人気の韓国ドラマ!!
太陽を抱く月をネタバレであらすじをお届け!!

【太陽を抱く月-キャスト-相関図】
太陽を抱く月-相関図-キャスト

【太陽を抱く月-ストーリー】

王子イ・フォン(キム・スヒョン)は、あたたかく太陽のように輝き。少女ヨヌ(ハン・ガイン)は、太陽を優しく抱いている月のような女の子である。ふたりは運命のように結ばれて恋をするのだが、結婚を目前にヨヌが原因不明の重病に見舞われて最後を迎える。その裏には、朝廷の権力を巡って陰謀が…。

8年の歳月が過ぎ…
譲位を受けたイ・フォンは、若き王となった。8年前に亡くしたヨヌがいない事に悔やみきれず心をずっと閉ざすフォン。しかし、去ったはずのヨヌが、過去の記憶をリセットして、ミコ(巫女)となり本国で生きていた。再び、運命の歯車が動きだす…。

【韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ-13話~15話】

太陽を抱く月-あらすじ-13話

フォンはポギョンと初夜を迎えた。

だが、フォンが謎の病気で倒れてしまい、宮廷は非常事態に見舞われる。

その後、ウォルがフォンのお見舞いにやってきただけで、フォンの謎の病気が治ってしまうのだった。

そんな中、フォンに恨みを持つポギョンはこの事態を利用しようと考えた。

そしてユンデヒョンとともに倒れた原因をウォルのせいにして、フォンの名誉を失わせようと悪巧みをする。

ギュテはヨヌの死の秘密を解き明かすため医院を訪れる。

一方ウォルは無実の罪で義禁府に連れて行かれてしまう…。

スポンサーリンク



太陽を抱く月-あらすじ-14話

無実の罪を着せられたウォルは目印を付けられ、監視し続けられることになってしまう。

そんなウォルに会いに来たフォン。

ウォルを守ろうと考え、自分にもう関わらないよう命令をした。

承諾したウォルの元を離れると、フォンは辛すぎて涙を流してしまうのだった。

一方で、見知らぬ男たちにさらわれたウォルは、西活人署で身柄を拘束されてしまう。

いち早くその事を知ったヤンミョンは助けに行こうとするが、ウンがそれを阻止し…

太陽を抱く月-あらすじ-15話

ヨヌはソルに会い巫女になったときの状況を詳しく尋ねる。

8年前の状況を何度も息を飲みながら聞くヨヌ。

そしてしばらく周りの様子を把握するまでは巫女のままでいようと決心する。

そんな中、ヤンミョンは活人署へ向かおうとしていた。

ウンはそんなヤンミョンを引き止める事ができず、苦しんでいた。

一方で、世子嬪が謎の病で倒れた夜に何があったのか調べ始めるフォンだが…

☆ 次のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-16話~18話

☆ 前のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-10話~12話

◇ 太陽を抱く月-あらすじ-全話一覧