スポンサーリンク

太陽を抱く月-あらすじ-1話~3話

太陽を抱く月-あらすじ-ネタバレ

太陽を抱く月-あらすじ-1話~3話を最終回まで配信!
キャストや相関図も話題で人気の韓国ドラマ!!
太陽を抱く月をネタバレであらすじをお届け!!

【太陽を抱く月-キャスト-相関図】
太陽を抱く月-相関図-キャスト

【太陽を抱く月-ストーリー】

王子イ・フォン(キム・スヒョン)は、あたたかく太陽のように輝き。少女ヨヌ(ハン・ガイン)は、太陽を優しく抱いている月のような女の子である。ふたりは運命のように結ばれて恋をするのだが、結婚を目前にヨヌが原因不明の重病に見舞われて最後を迎える。その裏には、朝廷の権力を巡って陰謀が…。

8年の歳月が過ぎ…
譲位を受けたイ・フォンは、若き王となった。8年前に亡くしたヨヌがいない事に悔やみきれず心をずっと閉ざすフォン。しかし、去ったはずのヨヌが、過去の記憶をリセットして、ミコ(巫女)となり本国で生きていた。再び、運命の歯車が動きだす…。

【韓国ドラマ-太陽を抱く月-あらすじ-1話~3話】

太陽を抱く月-あらすじ-1話

朝鮮王朝、世祖の時代のこと。

権力を手に入れようとする大妃ユン氏は、己の欲望のために自分の甥であるウィソン君の命を奪おうとしていた。

ユン・デヒョンと手を組み、ウィソン君に謀反の罪を着せ、命を奪うのだった。

その策略を知ってしまった巫女アリ。

命の危険を察したアリは、同僚のノギョンに王を守る運命の女児を任せると言い残し、処刑されてしまうのだった。

その直後にホ・ヨンジェにヨヌという娘が産まれる。

月日は流れ、ヨヌは大きく成長し宮廷にやってきた。

そこで世子フォンと出会い…

スポンサーリンク



太陽を抱く月-あらすじ-2話

ヨヌは活発な世子に惹かれ、世子もまた気が合うヨヌに惹かれていた。

そんな中、ヤンミョン君が長旅から帰ってきて、土産話を酒の肴に友人と盛り上がっていた。

ヨンジェの息子ヨムが科挙の試験で首位をとり、世子の学問を教える家庭教師になることに。

しかし、世子はヨムが気に入らないと駄々をこねる始末。

一方で、兄のヨムが世子の家庭教師となった事を心配したヨヌは…

太陽を抱く月-あらすじ-3話

国巫チャン・ノギョンに対し、大妃ユンはホ・ヨヌとユン・ボギョンとっちが世子の妃にふさわしいか相談をしていた。

ノギョンはボギョンの方が相応しいと告げた。

ユン一族で権力を拡大しようと考えていた大妃ユン氏はホッと胸をなでおろすのだった。

そんなことなど知らないヨヌとボギョンは、ミナ公主の元で再会し仲を深めていくのだった。

その一方で、宮廷に入ることになったヨヌに、いたずらをする世子。

明るい世子だが、王の兄ヤンミョンひいきに寂しさを感じ…

☆ 次のページへ 太陽を抱く月-あらすじ-4話~6話

◇ 太陽を抱く月-あらすじ-全話一覧